« No.1614 本日「少林寺拳法全国大会inぐんま」応援観戦 | トップページ | (1559) -道院紹介- 金剛禅総本山少林寺 千葉松尾道院 (少林寺拳法) »

2018年10月30日 (火)

No.1615 ◆ 「全国大会 in ぐんま」 終わりました。

前日の雨の予報が数時間繰り上がってくれた、ラッキー。

高崎11時43分着、晴れ!。3人と落ち合って会場に向かう。

会場までの道を1本それたお蔭で近道に・・・・駐車場をすり抜け

5分位で会場入り口に到着。なんとなく用意周到な空気感が漂っていた。

裏方さんの準備は大変だっただろうな?。

今から24年前の1994年10月9日の千葉県大会を思い出しました。

前日に東京湾クルーズ、そして翌日に大会。

大会を二つ行った様な「全国大会in千葉」でした。

出場拳士の名簿受付で自宅のFAXのある床は紙だらけ・・・・。

・・・・

さて大会は当支部から1組出場しましたが本選に残れなかった。

来年は頑張りましょう!

20181027_144213


(開祖語録)

心の傷は忘れてしまおう。

いくら悩んでも

昨日のことは取り返せない。

昨日は昨日、今日は今日。

結手

合掌

|

« No.1614 本日「少林寺拳法全国大会inぐんま」応援観戦 | トップページ | (1559) -道院紹介- 金剛禅総本山少林寺 千葉松尾道院 (少林寺拳法) »

コメント

お元気ですか。
コメントありがとうございます。
毎年ですが、全国大会は熱気が有りますね。
演武も運用法(乱捕)も新しい試みが新鮮さを維持しているのでしょうか?

ジャッジの採点の仕組みもいろいろ試行錯誤を繰り返して進化していますね。

・・・人口激減を機に大会形態も大変革が起こればいいですね。

もっと、もっと少林寺拳法の技法に素晴らしさを再現できないものでしょうか?

大気合から含み気合での中で技が掛かるかどうかの精度採点なども必要かと・・・。

昇段考試も技術が掛かるか、使えるかの採点項目も大切かと・・・。

技術、技法、が主行ですから。

今回の中達也氏の企画も良い効果が出ると思いますが?。

事務手続きの改良に続いて主行である技の運用にもメスを・・・。

合掌

投稿: 拳法一代さんへ | 2018年10月31日 (水) 21:09

1994年の全国大会in千葉には設立2年目に入る所でしたが県代表で「初段の部」と当時はマスターズの部ではなく確か「中高年の部?」だったと思いますが2組が出場しました。残念ながら予選通過は叶いませんでしたが良き思い出です。

今回は女子マスターズの部で2級であるにも関わらず出場が叶い嬉しく思っています。六段五段四段の出場拳士が殆どでしたので結果は言うまでもない事ですが本人達は大変、勉強になったと喜んでおりました。

マスターズの部はもっと資格別にするべきではないか?と思いましたが・・・

投稿: 拳法一代 | 2018年10月30日 (火) 23:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: No.1615 ◆ 「全国大会 in ぐんま」 終わりました。:

« No.1614 本日「少林寺拳法全国大会inぐんま」応援観戦 | トップページ | (1559) -道院紹介- 金剛禅総本山少林寺 千葉松尾道院 (少林寺拳法) »