« No.1510 ◆「強さ」とは何か。 ・・・紹介 | トップページ | No.1511 ◆ 「言葉の ちから」・・マジック 其の1 »

2017年9月 8日 (金)

No.1505 ◆少林寺拳法「攻防の機会」と日常

少林寺拳法教範「攻防の機会」を活かせないものか。

攻防の機会」

・修行法の認識、日常生活に活かす。

・攻撃を正確に捉え、守者においては、調息・八方目

・適切な間合い・勘と攻者の全体を捉える。
  
===

 相手の構えに隙があるとき・・・法形演練の隙。 間合い。

 攻撃せんとする刹那・・・( 先。 先の先。 )

 相手の技を殺し、体が崩れた瞬間・・・( 後の先。 白鵬。 )

 体構えの変更等の時・・・ 構え変更時の受け。 )

 技のつきた時・・・( 受け。 捌き。 運歩。

====

・機会というものは瞬間に去来する。

・機会とは、あるようでもあり、ないようでもある。
     

・機会とは瞬時に生滅する泡沫のようなものである。

・有効な攻防には単に理論のみ知るのではなく練習・経験を重ね

体得した勘によるより仕方ないのである。 

====

 ■  人間関係。 

・人との間合いは?

・生き方の構え、隙はある?

・悪態を内受けで崩せる?

・人が構を変える瞬間って?

・万策尽きた時は間合、構えを変える?

・八方目と調息を知ろう。

                        合掌

                              

 

 

 

|
|

« No.1510 ◆「強さ」とは何か。 ・・・紹介 | トップページ | No.1511 ◆ 「言葉の ちから」・・マジック 其の1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/65733923

この記事へのトラックバック一覧です: No.1505 ◆少林寺拳法「攻防の機会」と日常:

« No.1510 ◆「強さ」とは何か。 ・・・紹介 | トップページ | No.1511 ◆ 「言葉の ちから」・・マジック 其の1 »