« 1461◆人は集まる | トップページ | 1463 ◆多忙月間・・5月 »

2017年5月12日 (金)

1462 ◆「屈身蹴」(くっしんげり)・・本日は命日

本日は金剛禅の開祖 宗 道臣先生の命日です。

1980年・昭和55年5月12日、69歳で遷化されました。

あっという間の37年間でした。

先生の遺された語録は今の時代にも十分通じる警鐘です。

いまだ、色褪せしませんね。合掌

(紹介します)
少林寺拳法・金剛禅総本山少林寺・公式ホームページ・活動報告の中にあります。
2017・5・12 記

(屈伸蹴)

http://www.shorinjikempo.or.jp/religious/activities/conduct

====

宗門の行としての少林寺拳法

金剛禅の修行の手段として少林寺拳法を修練し、動禅いわば易筋行を行います。易筋行とは修練によって肉体を変化させるということです。もちろん肉体だけではなく、肉体の変化に伴って精。神同時に変化させ、ついては自分の生き方を変えるための修行であります。一部ですが、動禅・少林寺拳法の技法の数々をご紹介します

  • 仁王拳 屈身蹴(におうけん くっしんげり : Ni Oh Ken, Kusshin Geri)

    上段振突に対して膝を十分に使って、かいくぐるように身をかわす。そのまま後ろ足の引き寄せを利用して蹴り返す。屈身受をすると相手を視線で捉えにくくなってしまうので、気配の察知を常々怠らず、いかようにも対応できる残心をしておくこと。

    撮影 /加々見一
    /永安正樹

    演武者

    /守者:冨田雅志 大拳士五段
    攻者:倉本亘康 准範士六段  結手

|
|

« 1461◆人は集まる | トップページ | 1463 ◆多忙月間・・5月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/65269208

この記事へのトラックバック一覧です: 1462 ◆「屈身蹴」(くっしんげり)・・本日は命日:

« 1461◆人は集まる | トップページ | 1463 ◆多忙月間・・5月 »