« 1440 ◆少林寺拳法の技法で脳活性-つぶやき | トップページ | 1442-(部内連絡) - 懐かし「関東武専」の開催 »

2017年4月 3日 (月)

1441- 部内連絡-「危険技」について

(部内連絡)

(2017-4-3ー 投稿 「危険技について」)

各位
昨夜は修練・指導にお疲れ様でした。
少林寺拳法の技は奥が深く技の数量も
多く進化・追及・変化に余念が有りません。

発足からまだ70年と短い歴史の技です。
進化・変化を繰り返し100年位すると
少し固定されるかもしれません。

ところで、「小手巻返」の真横に一気に
倒そうとする技は禁止にしたいと思います。

柔道の大外刈りに近い技に変化し床に頭を
強打する可能性が高いです。

この技は、本来攻者の手首・腕・肩へと
ヒネリと重心の移動と守者の運歩動作で
攻者の身体を回転させる技です。
習得の一段階では真横への説明の有りかと
考えます。

少年部が真似すると大事故に発展する
可能性が高いと判定しました。

また、道場でご説明します。

結手

道院長

|
|

« 1440 ◆少林寺拳法の技法で脳活性-つぶやき | トップページ | 1442-(部内連絡) - 懐かし「関東武専」の開催 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/65102233

この記事へのトラックバック一覧です: 1441- 部内連絡-「危険技」について:

« 1440 ◆少林寺拳法の技法で脳活性-つぶやき | トップページ | 1442-(部内連絡) - 懐かし「関東武専」の開催 »