« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月24日 (火)

1428 ◆稀勢の里の勝因 (千秋楽 白鵬戦)

勝因は下半身のイイ角度にあり。(2017-1-22  両国  千秋楽)

俵で耐える足~腰の角度が絶妙でした。正に”つっかえ棒”の様に・・・・。

立合は一瞬、白鵬優利で始まった。

一気に追い込まれた、稀勢の里~。立ち合いは負け相撲。

ところが稀勢の里の目が後に有るような動きで土俵の俵に両足を密着し、踵から上半身のしなりは今までに見せた事のない安定感で耐えた。

追い込まれる中で白鵬の足元から首筋をしっかり目の中で捉えていた。

結果は、すくい投げ~。1敗での優勝です。

来場所も楽しませてください。

日本出身力士が横綱になるのは19年ぶりだそうです。

合掌

20170124_151407_2

20170124_151346

20170124_151430

20170124_151459

・・「技は人を育てる。技の動きと心の動きは一体、人間性も見えてくる」・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年1月21日 (土)

1427 ●「笑顔と元気」・・そして売上

「笑顔」の修練?で売上向上。
 
ホント?、と思えるような、本当のお話です。
 
会社名はスーパー「ハローデイ」です。
 
80人が集まったフロア。5人1組、手をつなぎ、のけぞるように破顔で笑うのだそうです。
 
朝礼の最後は指名された10人が前に出て笑いの披露・・・・。
 
9割のパート従業員は「パートナー」と呼ぶ・・・。
 
「働きたいスーパ」
「常にボトムアップ」
「縁する人たちを幸せにする」
 
売上は鰻のぼりだそうです。
 
この記事、道場で読んであげよう。今日は修練日です。
 
合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年1月13日 (金)

1426 虹を見たかい (2017- 1- 13)

夕方、虹見る事が出来ました。

20170113_163539


何故かCCRの「雨を見たかい」の歌をハミングしていました。


雨と虹は関係濃厚ですから。

今年は、七色の良い事がありそう~。合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年1月12日 (木)

1425 ●(昨日の続き)河合塾・・理事長・・理念・・ありがとう。②/2

~1月12日からの続き
 
いい学校に入ることがゴールではない。
 
受験勉強では成績・合格を目的化してしまいそうだが・・・。
 
河合塾は「その先の将来」を見据えた教育を目指す。
 
・自分の「本音」を待て
 
情報洪水のなかでは本来の自分がどうしたいのかを知るには時間がかかる。
 
私たちは受験を成功させるために尽力するプロです。
 
苦しい受験勉強を乗り越える体験を一生の学びのノウハウとして、人生に取り込んでほしい。
 
これからの長い仕事人生は絶え間ないインプットとアウトプットの連続です。これを勉強しなくては生き抜いていけない。
 
 
・一生を学ぶ力で生き抜く
 
今までの、日本で主流だった知識詰め込み型の学習は、世界では通用しなくなる。
 
受身ではなく能動的に新しい価値を生み出していく姿勢。
 
知識を素材としながらも、課題を発見する力や他者との協動する力が求められる。
 
受検勉強を乗り越えた「体験と自信」が力になる。
 
日本の未来を担う一人になる「力」と「志」を・・・・・。
 
合掌
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年1月11日 (水)

1424 ●河合塾・・理事長・・理念・・ありがとう。①/2

河合 弘登 (学校法人 河合塾 理事長)
 
新聞 広告版 新春スペシャル で語る。(掲載日 1月8日 2017年)
 
(語り記事メモ)
 私は憂いている。塾の経営をしていて、若い人が自分の力を存分に使われていない事例。
勉強もできていい子なのですが、驚くほど大人しい。
 なぜか、その要因は・・・子供への過保護が18歳になってもまだ続いているという保護者に行き当たる。
 
 先日も保護者から電話が・・「何番教室が暑すぎる」。今、授業を受けている息子が携帯電話で連絡してきたので、室温を下げてほしいというのです。
また他の保護者から・・「子供が初めて塾を訪ねる途中だが、最寄りの駅からの道順が分からず迷っているので塾の担当者が迎えにいってくれませんか」との電話が入った。
 
 今や大学の入試や卒業式に家族が参加するのはあたりまえ。企業に就職してからも「腹痛で会社を休みます」と保護者が電話をしてくるそうです。
 
 保護者が「献身的に子どもを守ってどこが悪い」の声が聞こえてきますが、そのお叱りを受けるのは十分に承知した上で、子どもの将来をともに考える者として、彼らが自分の道を自分自身で決められるように、時に保護者は「待つこと」も必要だし、失敗させてあげることも必要だと伝えてあげたいのですね。
 
 そして一方で若いあなたには、社会の仕組みを分かっている大人たちの話を真摯に聞いてほしい。どうすれば自分が能力を発揮できるのか。上司がどんな人だとか、部下がどうだとか、人にはどう接すればいいかなど、協力して仕事をするには何が必要なのか、泥臭い体験にも耳を傾けてください。
 
 教育というのは、社会に出た時にきちんと自立できる人間を作るためにあるのだと思います。やがて大人と同じように社会に貢献できる、つまり一人前になることが目的であり、いい学校に入ることがゴールではないのです。受験勉強では成績や合格を目的化してしまいがちですが、河合塾はいつも「その先の将来」を見据えた教育を目指してきました。
 
 私は銀行に13年間就職していました。しかし、銀行で役にたっているのか? 自分の仕事に価値があるのか? 悩んですごしました。気が付けば30歳を過ぎた頃、金融から教育に世界へと移りました。
 
塾では目の前に瀬生徒がいます。受験を控えた人生の大事な時期、節目を越えていくために頑張っている若者たちです。
 
 一人の想いに全力で応えなくてはいけない。・・・仕事がはっきりと見えた瞬間でした。
社会に役立つ実感、解答が見つかったのです。
 
続きは次回②に・・・。 合掌
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年1月10日 (火)

1423 新春稽古始め2017年1月・頑張って写真!

今年も正月休みで少し緩んだ体で修練に向う。

千葉駅も新しく改修完了し、目を楽しませてくれる仕上がりの「駅ナカ」です。

工事が5~6年もかけただけあって改修内容は100点なり。

ところで・・・修練の模様と儀式の写真が欲しいとの事です。

それも責任者のアツプと祭壇アップがご希望です。

写真じゃ分かりにくいですよ。

29年間も運営していて僕のアップ写真は数枚しかありません。

99%写真を撮る役割ですから。

Point_blur_20170109_094229

Point_blur_20170109_094632

Point_blur_20170110_201450

Point_blur_20170109_094458

Point_blur_20170109_093935

Point_blur_20170109_092007

Point_blur_20170110_205725

今年も気持ちと体のマッチング。心はニュートラル。体だは限界ギリギリに技を楽しもう。個人差を認めながら・・・・。合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年1月 5日 (木)

1422 ◆千葉県教区ホームページ・県教区長の ごあいさつ (紹介ペ-ジ)

金剛禅総本山 千葉教区ホームページ

http://chiba.kongozen.com/html/

========

(転載)

2017年 千葉県教区長 新年のごあいさつ

2017.01.01

合掌 
新年あけましておめでとうございます。
千葉県教区門信徒のみなさまもそれぞれに良い新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。

 今年は、少林寺拳法創始70周年を迎え総本山を中心に、記念事業として11月4日から2日間にかけて「ブルースカイキャンパスin多度津」のイベントが開催されます。
 千葉県教区では、11月の総本山イベントに先駆けて5月13日(土)から14日(日)にかけて創始70周年記念千葉県教区本山帰山を予定しているところです。
是非千葉県教区ホームページをご覧いただき皆様多数のご参加を頂き心に残る記念行事にしたいと考えています。

 また、少林寺拳法創始70周年の幕開けとして千葉県教区では「新春特別講演会」を2月12日(日)三井ガーデンホテル千葉にて、午前10時から開催いたします。
講師はSHORINJIKEMPOUNITY顧問・金剛禅総本山少林寺元代表であり、宗道臣塾の講師も務めておられる、鈴木義孝先生をお迎えして「開祖の伝えようとしたことと、これからの金剛禅」をテーマに開祖との、魂の触れ合いの中から感じ取った心と心の思いを大いに語っていただくことになりました。
門信徒の皆さまとの質疑応答も含め、金剛禅運動の同志としての連帯感を共有していただき、これからの自己確立・自他共楽の一助となることを切に願っています。
是非この機会を逃すことなくご参加をお願いしたいと思います。

さて、教区行事開催のお話が長くなりましたが2016年(平成28年)は門信徒の皆様にとってどのような年だったでしょうか。

振り返って見ますと、イギリスのEU離脱から始まりトランプ時期アメリカ大統領旋風というサプライズに続き、大戦の名残を彷彿させる、北方領土問題を抱えながら来日したプーチン大統領、そして安倍総理の真珠湾訪問と年末を控えた中での大きな出来事がありました。
この出来事は、EU諸国の難民問題を含め、すべては第一次大戦から第二次大戦へとつながりいまだに戦争の傷跡、後遺症による、解決していない問題が今更ながらに浮き彫りになったような気がしてなりません。
その様な中で、2020年東京オリンピック・パラリンピック誘致問題や築地市場移転問題が叫ばれる中、東京都知事の「都民ファースト」「アスリートファースト」という言葉がやけに耳に残ります。

どちらの出来事も国や国家、組織とのやり取りの中で、国益や体面を尊重した話し合いがもたれる中、本当の意味合いで誰に向かって物事を考え、誰のために結論を出すべきかを見失っています。

千葉県教区としても、2017年度の各種行事活動を企画運営するにあたり、目標設定を誤ることなくその結果を門信徒の皆さまへベクトルを合わせ少しでも門信徒の皆さまの為になる企画を提供することを誓い年頭のご挨拶とさせていただきます。

合掌再拝

2016年 元日 
千葉県教区長 森 久雄(千葉野田道院長)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年1月 1日 (日)

1421 ◆2017年 本年もよろしくお願い申し上げます。

ベランダからの初日です。

昨日と今日の関係なのに今朝の陽光はひと味違います。

人間の知恵の詰まった儀式のーつ、元旦~。

20170101_070042


さて昨日考えた今年の目標です。控え目に、控え目に決意!

20161231_131629


計画ありき・・・2017年。

本年もよろしくお願い申し上げます。合掌

本年は少林寺拳法創始70年目、ボクも今年は70の峠越えです。

ガンバ、少林寺拳法・金剛禅。

トミー拳

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »