« 1409 「開身突」 おさらい (紹介) | トップページ | 1411 ◆予定連絡(12月~初稽古日) »

2016年11月15日 (火)

1410  龍王拳 「二段抜」 おさらい (紹介) 

龍王拳 二段抜(りゅうおうけん にだんぬき : Ryuo Ken, Nidan nuki)
 
http://www.shorinjikempo.or.jp/religious/activities/conduct
 

我の寄抜に対し、攻者が妨害せんと、

掴んでいた手を我の胸元に捻り押し込んで

きたときの抜き方。

押し込みをいなしながら体を捻り、

肘を相手側に向けて抜く。

このとき腕を内側に巻き込み、内腕刀を相手の

拇指第一関節に乗せるようにするとよい。

また、上体の捌きに足捌きを併用することで、

無理なく相手の攻撃をいなすことができる。

(あ・うんvol.32)

|
|

« 1409 「開身突」 おさらい (紹介) | トップページ | 1411 ◆予定連絡(12月~初稽古日) »

Ⅷ.少林寺拳法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/64496832

この記事へのトラックバック一覧です: 1410  龍王拳 「二段抜」 おさらい (紹介) :

« 1409 「開身突」 おさらい (紹介) | トップページ | 1411 ◆予定連絡(12月~初稽古日) »