« 1407 「切抜」 おさらい  (紹介) | トップページ | 1409 「開身突」 おさらい (紹介) »

2016年11月12日 (土)

1408 「外押受突」 おさらい (紹介)

(紹介)
■金剛禅総本山少林寺 活動内容  〇法形 (少林寺拳法)
http://www.shorinjikempo.or.jp/religious/activities/conduct
 
仁王拳 外押受突(におうけん そとおしうけづき : Nio Ken, Soto oshi uke zuki)

体重の乗った振突は、遠心力も加わって非常に力強いため、

体全体を使った受けが必要になる。

差替足を用いながら体を入れて押受するが、

すべてを同時に行うと力が充足せず、攻撃に負けてしまう。

足、体、手捌きの順にそれぞれのタイミングをずらし重ねる

ことによってその効果を発揮する。数をかけて会得すること。

(あ・うんvol.46)

|
|

« 1407 「切抜」 おさらい  (紹介) | トップページ | 1409 「開身突」 おさらい (紹介) »

Ⅷ.少林寺拳法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/64477773

この記事へのトラックバック一覧です: 1408 「外押受突」 おさらい (紹介):

« 1407 「切抜」 おさらい  (紹介) | トップページ | 1409 「開身突」 おさらい (紹介) »