« 1406 「押閂投 外」 おさらい (紹介) | トップページ | 1408 「外押受突」 おさらい (紹介) »

2016年11月12日 (土)

1407 「切抜」 おさらい  (紹介)

(紹介)
■金剛禅総本山少林寺 活動内容  〇法形 (少林寺拳法)
http://www.shorinjikempo.or.jp/religious/activities/conduct
 
龍王拳 切抜(りゅうおうけん きりぬき : Ryuo Ken, Kiri nuki)

鈎手守法で相手の引き攻撃を抑え、

鈎手した手を手刀に見立て、相手の

親指を引き切るように抜く。

鈎手の際、我の手首を相手の手掌に

重く乗せることで相手の握力が弱まり、

掌内に僅かながらの空間ができる。

その隙を逃さず、手首を回転させながら

切抜をするとよい。(あ・うんvol.45)

※重く乗せる!・・回転!

合掌

 

|
|

« 1406 「押閂投 外」 おさらい (紹介) | トップページ | 1408 「外押受突」 おさらい (紹介) »

Ⅷ.少林寺拳法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/64477767

この記事へのトラックバック一覧です: 1407 「切抜」 おさらい  (紹介):

« 1406 「押閂投 外」 おさらい (紹介) | トップページ | 1408 「外押受突」 おさらい (紹介) »