« 1353 ◆千葉県教区講習会 in 東京別院2016/4/3 | トップページ | 1355 ◆拳の「ヒップホップジャンプ」 »

2016年3月12日 (土)

1354 ◆4/3の「講義」と「変化技」と「易筋行」

合掌 

黙とう・・・

昨日、2016年3月11日、昨夜の道場は黙祷から始まりました。

あの痛まし大震災事故から丁度5年目になります。

正に災害は忘れたころに云々。一瞬先は闇です。

その心の準備を日頃の修練で少しでも補えたらと思います。

2月は何かと忙しのと発熱のため等で参座拳士が微減。

ーーーー

さて、4月3日の千葉教区講習会の講義は「金剛禅の教典の意義」、まず、「意義」という堅い文字に思考停止率が三割になる。(自分の事です)

思考力を全開にするには、「意義」の言葉を変えてみる必要がある。

皆さんの中からイビキをゼロにするには、その対策は?

「金剛禅の教典の”意義”」(””意義を、価値・値打ち、関係””等に置換してみる)

そこで”拳”の力も拝借しましょう!

「拳禅一如」の修行法にヒントあり。

少林寺拳法の技法には変化技が沢山あります。

逆に「変化・応用技」の方が相手を制しやすいとも考えられます。

例えば「送小手」は天秤、巻天秤、送肘攻・・・。最初の掛かりから攻者に逃げれるように仕向けて変化で制する方が確実に相手を制することが出来ると思っています。

決まったぞ、その日は変化技で行こう。

「易筋行」もある面では大当たりかな?

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

トミー拳より 千葉松尾道院長ブログ 090-1118-5186 

|
|

« 1353 ◆千葉県教区講習会 in 東京別院2016/4/3 | トップページ | 1355 ◆拳の「ヒップホップジャンプ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/63333674

この記事へのトラックバック一覧です: 1354 ◆4/3の「講義」と「変化技」と「易筋行」:

« 1353 ◆千葉県教区講習会 in 東京別院2016/4/3 | トップページ | 1355 ◆拳の「ヒップホップジャンプ」 »