« (1329)◆師走に向けて | トップページ | (1330)◆「拳士、職場を語る」第二弾 »

2015年12月 3日 (木)

89)◆天国の合田清一先生へ、ご冥福をお祈りします。武専は最高!・<資料添付>

合田清一先生が逝去されました。(2015年11月30日・・85歳)

(元 今治道院 道院長)

2007年10月9日の日記を再アップさせていただきます。

先生の発声も人の香りも魅力的でした。技は速かった!。

実戦を想定した技の構成が上手い先生でした。

追伸:開祖~ 「君たちは死んだら天国がいいか? 地獄がいいか? ・・・・そうか 天国がいいかい!?  わしは地獄もいい、天国に変えてやるがね・・・。」(多少の脚色あり)

合掌 安らかに。

---------

※以下は2007年10月の日記記録です。

先週日曜日千葉武専が開催された。(10月7日:船橋総合体育館)

三連休の中日(なかび)の割には出席者が多かった。

今回の本山出張講師は合田清一先生(今治道院長)だ。

古い言葉で恐縮です。泣く子もだまる「合田先生」。

なんと喜寿(77歳)を迎えられて、あの機敏さ、あの迫力、技のキレ、そして元気さ!

61歳で老けた話を咬ます、トミー拳とは器が違う(・・・今に見ていろ僕だって!) 

追加です。先生はかなりお洒落です。

二年前の1月、少林寺拳法統一マーク・ロゴ施行の3ヶ月前の全国道院長講習会(ロゴ発表会も兼ねて)が高松のホテルで行われた。

私は仕事の都合で二日目からの参加だった。

夜行寝台で向かい、朝直行。会場は3000人弱がひしめいていて座る場所がない、ヤット探しあてて座ったところが、合田先生の隣りでした。

その時、道衣姿も良いですが、また違う「品と香り」が感じられた事を思い出しました。

さて本題、

武専終了時の挨拶で本部派遣の出張講師が「千葉武専は素晴らしい」・・・と云って下さる。

どうもお世辞ではなさそうだ。8〜90%の出張講師の先生方が「千葉武専は良い、本山に報告したい」・・・旨の言葉を口にされる。

(武専出席率には自信のあるトミー拳です)

何故だろうか・・・。

あの歯に絹着せぬ、合田先生が最大の賛辞、あれ程のほめ言葉を合田先生の口から聞こうとは・・・(何故?)

(午前中、30分位、私、教範学習を担当させて頂き(真似事です)生徒さんの視線と態度から好感度抜群の感ありでしたもの!)

<参考資料(教範学習)>
「kyouhanngakusyu.doc」をダウンロード

開祖は「少林寺拳法の修行は養行だ苦行では長続きしない」旨の法話が。また、薫習(くんじゅう)の言葉も話されました。

善い(良い)行いの積み重ねで、人から良い香りが発する。そして周囲に良い影響をあたえる。(オーデコロンではありません)

生徒さん達の、かもし出す良い香りが千葉武専にはある様に思う、私「予科」の技術を担当させて頂いていますが、今回の合田先生の気持ちが良く解ります。

懐が深ーい千葉武専。

最後になりましたが教務担当の先生方も素晴らしいからですね・・・ね?。

ありがとうございました、お疲れ様でした「合田先生!」

(影響を受けやすいトミー拳は「80歳まで現役」を秘かに誓った・・・)

^^^^

トミー拳 ヨリ  (拳のつぶやき) 千葉松尾道院 千葉松尾支部

|
|

« (1329)◆師走に向けて | トップページ | (1330)◆「拳士、職場を語る」第二弾 »

コメント

一休さんへ

今回の少林寺拳法史を話す冒頭に、こんな三つの言葉をホワイトボードに書きました。
「温故知新」「還暦」「自分史」。
この言葉を頭に描いたうえで「皆さんと一緒に少林寺拳法の歴史を振り返りたい」と・・・
そしてこれからの少林寺拳法の事を考えたいと。

古きを訪ね(温め)、新しきを知り、暦還(帰り)で初心に帰り(請願の二番目、初生の赤子として・・・)
そして自分の原点で「自分史」作りを目標に締めくくりました。
ありがとうございました。一休さん、そして素晴らしい武専の生徒さん。

トミー拳 ヨリ

投稿: トミー拳 | 2007年10月11日 (木) 08:55

教範学習資料「少林寺拳法史」拝見しました。
同時開講の講義に出席していたため、先生の講義に出席できませんでしたので参考になりました。

私も生涯現役を通したいと思います。

投稿: 一休 | 2007年10月10日 (水) 21:55

磯母さんへ

献血ご苦労様でした。「・・・半ば他人の幸せを」の実践でしたね!。教範学習の講師の真似事は無事、時間内に終わりましたが、資料が大余りでした。

話は変わりますが、磯母さん、卍親父さんの尻を叩いて道院を立ち上げてみては如何ですか。いい道院になるでしょう。・・・その日を楽しみにしております。

追伸:道院立ち上げは出来たら80歳前に頼みます。

※参考までに教範学習資料をNO.89)のブログに添付いたします。時間がとれたらながめてください。


投稿: トミー拳 | 2007年10月10日 (水) 07:01

いつだったか忘れましたが、「いい鎮魂だ!!」と
褒めてくださった先生もいらっしゃいましたね。
千葉武専拳士の一人として、とてもうれしいです!!

私も影響を受けやすい一人なので・・・
80歳まで現役を目指します。

献血のため、合田先生のリーダー論半分とトミー拳さんの
講義を聴くことができず、非常に残念でした。
次回は絶対に受けさせていただきます!!

投稿: 磯母 | 2007年10月10日 (水) 06:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/16707101

この記事へのトラックバック一覧です: 89)◆天国の合田清一先生へ、ご冥福をお祈りします。武専は最高!・<資料添付>:

« (1329)◆師走に向けて | トップページ | (1330)◆「拳士、職場を語る」第二弾 »