« (1296) ◆県大会前夜 2015年度 | トップページ | (1300) ■「道場」と「武専」 »

2015年6月22日 (月)

(1298) ◆「逆」ー重心を操作するために関節を攻める。

1986年10月号「あらはん」より

●技は数種の原理で構成されている。

 ・倒したり、投げたりするために逆をとる。

 ・逆をとるにはどうしたらいいか。

 ・投げや倒しとの関係は?

 ・少林寺拳法の技は多い。

 ・逆技の種類の根本となる原理はそれ程多くない。

 ・人間の関節の動く方向には限りがあり何百通りもない。

 ・肩から先で動く関節は・・・肩、肘、手首、指です。

 ・そして曲がる方向や、可動範囲には限りがある。

 ・肩から先の関節の動きで見ると、次の四つ・・・。

  ①腕を曲げた状態で肩が外旋する場合(逆小手、押小手)

  ②腕を曲げた状態で肩が内旋する場合、S字系統、コの字系統(上膊巻、切小手、上膊捕)

  ③腕が伸びた状態で肩が外旋する場合。(小手投)

  ④腕が伸びた状態で肩が内旋する場合(送小手)

 ・腕が伸びた状態での逆には、手首を攻めるだけではなく、天秤をとる場合もある。(その場合でも手首の攻めを併用する)

 ・ 手首を殺して掛けるか、生かして掛ける場合・・・。

 ・いずれも上記の四つにどれかに属する。

「当たり前だ」と思っているが、その当たり前のことがスルーしてしまう現実。

実生活と似ているようです。平常心がキーでしょうか?

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

トミー拳より 千葉松尾道院長ブログ 090-1118-5186 

|
|

« (1296) ◆県大会前夜 2015年度 | トップページ | (1300) ■「道場」と「武専」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/61777913

この記事へのトラックバック一覧です: (1298) ◆「逆」ー重心を操作するために関節を攻める。:

« (1296) ◆県大会前夜 2015年度 | トップページ | (1300) ■「道場」と「武専」 »