« (1287) ◇県大会準備 | トップページ | ( 1289) ◆続き(5/27)・・・「技と崩しのつながり」   »

2015年5月23日 (土)

(1288) □No.1286の続きです。◇鈎手に・・力の方向・・相手に逆らわず・・処理 

小テーマ:「鈎手により力の方向を感じ取り、相手の力に逆らわず処理する」

・・・柔法においては、触覚で相手の力の方向を感じとる。相手の力に逆らわずに技を使いこなす。

・・・剛法における触角は相手の拳の位置・間合い・突きの進行方向の感じ取りからはじまる。

・・・鈎手は一瞬。力の方向を感じ取るレーダーの役目。

・・・鈎手は相対バランスの瞬間的な会得作業。柔法技の途中経過。

・・・感じたら「押さば押し引き、引かば引き押せ」。

・・・(重要)鈎手は押さば押しの「押し」の部分。引かば引きの「引き」の部分。

・・・そこで、支点と力点を移動させる。(ここが難題・・・)

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

トミー拳より 千葉松尾道院長ブログ 090-1118-5186 

|
|

« (1287) ◇県大会準備 | トップページ | ( 1289) ◆続き(5/27)・・・「技と崩しのつながり」   »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/61631413

この記事へのトラックバック一覧です: (1288) □No.1286の続きです。◇鈎手に・・力の方向・・相手に逆らわず・・処理 :

« (1287) ◇県大会準備 | トップページ | ( 1289) ◆続き(5/27)・・・「技と崩しのつながり」   »