« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月の16件の投稿

2015年4月29日 (水)

(1285) ◆「当身」~当身の五要素を満たす。

少林寺拳法機関紙「あらはん」1986年11月号から「拳理体感」シリーズの「当身」を読み返してのまとめと私的メモです.

●当身の条件とは

・当身は剛法の極めとして存在する。

・知っている・・解っている・・でも実践(実戦)では忘れられている。

・五要素:位置、間合い、角度、速度、虚実。ボクシングのノックダウンは当身の五要素の結果例か?。

・要素の五番目位置づけられる事の多い「虚実」ですが初めにスタートさせた方が自然ですね?

●虚実について

・「虚」と「実」は別々にあるものではない。

・常に同時に存在する。(わかりきっているが・・・遠い存在?)

・相手が攻撃する部分(部位)は「実」、他はほとんどが「虚」になる。

・攻撃は虚を隠して行う。三連攻は虚を分散する(隠す)攻撃なり?

●間合いと急所の位置と角度の関係

・突きの間合いで蹴りも出せるような操作の稽古。

・当身の五要素は・・・五つで一つ。

●当身のスピードとは

・スピードは単なる反射神経的な「もぐら叩き」では進歩が遅くなる?。

・相手を冷静に見ると手足四本がすべて怖いものではない。

・相手が攻撃に集中している瞬間を知る稽古。

●攻撃でも相手を読む

・守者の受けにも・・・実と虚の存在(部位)を通常稽古で確認する。

・連攻撃・段攻撃が重要。

●当身は相対バランス

・防具なしは単独バランス的な修練になる。

・防具をつけて相対バランスを学ぼう。

・単独バランスでも絶大な効果が生まれる部位は「目」と「金的」です。

・目打ちも惰性になっていないか?。金的蹴りは届いているか?。(手での金的当身も考えましょう)

・リング稽古でない”何々らしい”修練を心がけたい。

■修練は自信を育てるためにあります。理屈も理論も大切です。

負けても負けないココロを育てるために。(自分に言い聞かせています)

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

トミー拳より 千葉松尾道院長ブログ 090-1118-5186 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年4月28日 (火)

(1284) ◇体捌きの続き  

少林寺拳法機関紙「あらはん」1986年8月号から。

前回の積み残し分です。

●「体捌き」~(自分の行動を常に整理しておく)を書きます。

・体捌きとは相手を制するために、我が有利な位置をとるために体を移動、変化させること(攻撃を単に避けるにあらずか?)。

・体捌きは相手との相対関係。

・常に相手に相手に対する位置を意識して相手の行動に対して自分の行動を整理していなければならない。

・それはほんの一瞬です。読み、受け、極めまでの合理的な一気動作の訓練です。

・自分の反応を整理(不具合を見つけて捨てる事かな?)

・受けは反撃のスイッチ。

・おおむね構えると顔より手が前にある。触覚で判断する。

・柔法においては「鈎手」は触覚の役目も果たす。

・体捌きはそれだけでは存在していない。(反撃と一対)

・体捌きはお互いの動きの中で生まれ処理できなければ捌きではないのかな?

以上

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

トミー拳より 千葉松尾道院長ブログ 090-1118-5186 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年4月25日 (土)

(1283) ●「チャレンジだ!」 ちびっ子も父ちゃんもおじいちゃんも

千葉県大会が2015年6月14日(日曜日)船橋アリーナで開催される。

会場の駐車券が数枚の配給?です。

面倒だから全員出場でバスチャーターで行きたいものです。うまく行くかな??。

やってみなくちゃわからない。そうだ、やる前から匙を投げるな(開祖語録)

そこで、昨夜の道場は大会のエントリー合戦?ナリ。

単独演武の学年枠と技術の枠も緩和された・・・。ヨシ

ちびっ子の単独構成は
①天地拳第一 ②龍王拳第一 ③義和拳第一表 ④義和拳第一裏

⑤天地拳第二 ➅天地拳第三

・・・・「みんな聞いてくれ、憶えたら全員出場だぞ」集中!!!!!!。

・・・「親子演武も簡単な技に統一します!」

なんと7組の親子と爺孫演武が盛り上がりました。さあ、何組が出場できるか。明日もエントリー合戦で活気を出しましょう。

余談:大会は育成のツールなり。明日もたのむぜ。

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

トミー拳より 千葉松尾道院長ブログ 090-1118-5186 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年4月24日 (金)

(1282) ◆今年も、お久しぶり!

青いキヤプテン(青大将)、お久しぶりです。
そんなに慌てて木に上らなくてもいいのに・・・。
名前通り青々しいよ。今年もよろしく。
20150424_142543

20150424_142618_2

昨年とは違う。新顔のようです。青緑が深い。

追記:本日の稽古は「蛇突」です。スーッと滑りこみます。

トミー拳ヨリ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

◆「体捌き」無理なく極めるために・・・  (No.1281)

4回目。

少林寺拳法機関紙「あらはん」1986年8月号から。

(私的メモと混在)

標題:無理なく極めるためのに変化する「体捌き」

▼体捌きとは何か

・相手の攻撃が有利とならない位置。

・裏を返せば自分の有利な位置に移動する事。(早かったり、遅かったり、緩急の織り交ぜ)

・体の変化、即ち体の開き方、捌き方の総称、足捌き、運歩と密接な関係にある。

・単なる体の移動にあらず。

我の位置を意識しながら稽古を積む。いつか無意識に捌ける。

▼剛法の場合の我の位置

・受けは角度・タイミング、プラス位置・・位置・・位置。

・極力、角度、タイミング、位置を意識して省力移動で・・・・ニュウートラルな更新(復帰)。

・攻撃は直線か曲線か?。しっかり見極める。「中段返」や「払受蹴」は体の開きと、円運動の中心に間合いをつめる体捌き。

▼柔法の場合の我の位置

・技を実行する場合は自分の都合に合わせるのではなく、相手の都合に合わせてやれば、技において力(ちから)任せの無理はなくなる。(教えと連動、これ「自他共楽」)

・相手との押し引きの緊張関係を保ちつつ運歩で無理な姿勢から逃げる。(非力の原理?)

・相手の都合を見定め、ちょっと捌いて一気に自分の都合も主張?

▼自分の行動を常に整理しておく

すみません、時間が無くなりました。次回にさせて頂きます。

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

トミー拳より 千葉松尾道院長ブログ 090-1118-5186 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年4月23日 (木)

◆「受け」・・角度とタイミングで処理 (N0.1281)

少林寺拳法機関紙「あらはん」1986年6月号から・・・・。

(読んで感じて私的メモ)

●触覚により体捌の無駄をなくす。

・捌き半分、受け半分。

・触れる気持ちで攻撃の方向を変えてやる。

●受けを当てる角度、攻撃の方向を変えることが受けのポイント。

・直線運動はから。(直・・突き、蹴りなど)

・円運動jは中心に近づきながら。(廻し蹴りなど)

●いつ我は動き始めるのか。

・昨夜のボクシングタイトル戦、井岡選手の足運びは良かった。

・相手を分析する。(布陣・間合い・重心の位置)

・相手はができるか。

・我は何ができるか。

●技は感覚で覚えること。

・相手を敵だと思わない。(良きパートナー)

・触覚で感じられない「流水蹴」の距離感覚の研究。

・新入社員のオリエンテーションのイメージで武道も考えたい。

・的確な言葉で感覚は磨ける。

次回は「体捌」です。

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

トミー拳より 千葉松尾道院長ブログ 090-1118-5186 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年4月22日 (水)

竹の子(筍)の子供 No.1280

住まいのロビーの横に成長著しい子供がいます。
20150415_122316

暫くしたら(10日位で・・・オッ-。

20150422_145354

竹の子供だから竹の子?

大人は竹?

食するのは筍?

ーーー

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

◆「一気動作」 読み後の処理のタイミング (No.1279)

2回目です。1986年5月号「あらはん」から。

読みからの処理、そのタイミングそして「一気動作」を。

(私的メモと混在)

▼法形演練の落とし穴

・「法形」は読みの後の反撃の練習(修練)の塊。「演技力」の入り込む余地を残している。

・法形演練の落とし穴は相手を攻撃するときに実際にはあり得ない動きをしてしまう。

・実際入るはずのないタイミングれで技を処理しているようだ。勢い乱捕りを行えば解決するほど単純ではない。身体にへばりつくごみを取り除く必要がある。

・「連反攻」の重要性を今一度!。法形と一対の連反攻が必要。少し変化が!?。

▼意識は一点に集中する。

・受けと反撃は一呼吸で行う。

・反撃の号令は全て一いちです。

・集中の店舗(出店)は多く。人間の意識は、常に移り変わりながらも一点に集中している。

・攻撃される瞬間の攻者の拳・足以外は虚に近い状況か?。

▼一気動作のタイミング・極めはタイミング

・スピードだけでは解決しない。タイミングの練習。

・法形演練はタイミングの稽古が多い。

・突きが伸びきる前の反撃当身。(五要素:位置・間合い・角度・速度・虚を見つけ己の実で当てる)

▼読めたら迷わず一気に・・・

・心の迷いは敵。

・人間の当り前の動きを研究。

・練習のレベルは自分に合わせる。

・法形演練は読みの後処理。技を究める感覚を積み上げる。

・演練でのリング感覚は成果を上げにくい。

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

トミー拳より 千葉松尾道院長ブログ 090-1118-5186 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年4月21日 (火)

◆「法形と乱捕りの接点」 No.1278

1986年4月号・・・29年前の機関紙「あらはん」を読みなおしている。

それは「拳理体感」シリーズです。懐かしい~。

でもネ、当時気づかなかったヒントがどんどんは染み込んできます。

理屈もいいもんだ。

(私的メモ)

▼法形は乱捕りに役立つのか?

・気の先が必須  ・自分に気を満たし気の先を考えて動け。

・申し合わせの技が演武 ・突然?の技が乱捕り ・先を磨け ・動きは体操ではない  

▼人間のあたりまえの動きを知ること!

・人間は腕が2本、足が2本、目は二つ、耳も二つ・・・・。

・胸から3本目の腕が出てくることはありません。

・後屈立で逆蹴りは無理。前屈立で順蹴りは無理。

・攻者の無理な状況を探せ・・・。もしかしたらそれは「虚」・・・。

▼「読み」とは状況判断!

・読みが面倒になったら「開足中段構」に近い構えで処理してみよう。うーん

▼「読み」だけでは処理できない!

・「中受突」・・攻者前屈・・逆蹴りしか連攻はやりにくいんだね。

▼練習(修練)は無理せず目的を持ち着実に積み上げる事。

・法形演練の目的を再チェック!。人間の当り前の動きをじっくりチェック。

きょうは修練日です。このテーマで楽しみましょう。

人間の身体は頭と腹で考えている。腹で考えるほうが人に騙されない。

オレオレ詐欺に引っかかるのは頭で考えるから。腹で考えたら少し減るかな?。

追記:次回は「読みと一気動作」、「受け、角度とタイミング」、「無理なく体捌き」・・・を。

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

トミー拳より 千葉松尾道院長ブログ 090-1118-5186 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年4月14日 (火)

「武専」(ぶせん)2015年度 スタート (No.1276)

少林寺拳法武道専門コース(略称:武専)が4月19日(日曜日)船橋で開催される。

数年変わらなかった「技術科目表」に一部変更が入りました。科目表のコピーで対応している方はご注意を!。「基本科目表」は昨年と同じようです。

千葉県下の拳士達が月一回集う。文武両道を絵にかいたように真剣に真面目に取り組んでいる。・・・拳禅一如。

予科課程から研究課程までの計11年間です。…継続はチカラなり。

生徒さんへ、1日の講義はほぼ3000円弱ですネ。しっかりもとを取ってお帰り下さい。

そして割り勘負け?しない様に貪欲に・・・良い事も悪いことも吸収して自分の中のジグソーパズルを完成させて下さいネ。

さて、指導者さんもボランテアなのですが、ここは5000円位の熱血指導に期待します。

技術科目表には流れがあります。効率よく吸収できるように上手く組まれています。

(基本科目)
4月~3月まで・・・上段攻撃の体捌きの防御。~中段攻撃の防御。~段突き、連突き、連受の修練。~運歩の習得。~正しい転換の習得。~連受と反撃演練。~単・相の移動修練。~乱捕りテクニック・運用法。

そして基本科目の中にも間違いやすい1技が入っています。それは「逆袖巻」「両手片手投」「送片手投」「十字受蹴」等など・・・。

(技術科目)
予科(2年)・・・「開身突」~「引落」。道場での修練の再確認と技のコツに感動。

本科(2年)・・・「待蹴」から「肩打投」。ガッツが入る。喝、活、勝の目覚めの誘導・・・。

高等科(3年)・・・初心にかえって「流水蹴」から「蜘蛛絡」。

研究科(4年)・・・本気で「短刀振り上げ流水蹴」から研究三昧と行きたいですね!。圧法も楽しみましょう。

合掌

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

トミー拳より 千葉松尾道院長ブログ 090-1118-5186 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年4月13日 (月)

「タオル突き」改良版 (No.1275)

「洗濯ばさみ」修練は一部に危険個所が見つかり中止にしました。

代わりに「タオル突き」の改良版を試す。

以前から行っている、タオルを二枚つなげて鯉のぼり風に大きく泳がせる。それは腰と膝の連動で肩から肘から手首にシナリの身体操作で長いタオルを高く泳がせる修練です。(心が入らないとうまく行かないので一応修練の範疇に入れます。)

今回の改良はタオル1枚にして両手に握る。そして「快速中段構?」から、間違えました「開足中段構」からのタオル突き。

Photo


突け!!・・・引け!!。

Photo_2

さあ、次回はタオルで思い切り顔面突きか顔面叩きです。ぎりぎりの顔面捌きを体験しましょう。これも心の恐怖を払しょくするための修練です。ハイ。

結手

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

トミー拳より 千葉松尾道院長ブログ 090-1118-5186 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年4月11日 (土)

東京の道院紹介です。 (No.1274)

私ごとですが・・・ほぼ40年前に縁あって門を叩いた道院を紹介させて下さい。

はじまりは、当時少し武道の真似事をしている中で見つけた「少林寺拳法」という名前でした。

なんか胡散臭い武道だなと思いながら書店で手にした「少林寺拳法」の文庫本から始まりました。

・・・他武道に浮気?をしない、浮気が出来ない武道・行と巡り合ったのでした。

・・・例の「カッパ」です。(文庫本です)

それは、東京・墨田区・総武線沿線の錦糸町駅前の道院です。

当時は「総武道院」とよんでいましたでした。

初代道院長 山田先生率いる総武軍団でした。(当時の私には軍用?ジープを操る軍団と映りました!)

若くして亡くなられた山田先生の後を引き継ぎ、現在は八巻先生が「錦糸道院」と改め、当時以上に活気溢れる道院の継承・運営をされております。

今、継承20周年・・・。

近々、道院設立50周年記念行事を予定されるとの嬉しい知らせを受け取りました。

本当におめでとうございます。

錦糸道院」ホームページですhttp://www7a.biglobe.ne.jp/~tokyo-kinshi/index.html

追伸:現在、私も千葉・山武市・松尾町の片田舎で道場を構えて「仁王構」を継続させて頂いています。本山の道院長研修会でお会いした山田先生から「お前、老けたナ~」の言葉で秘かに奮い立ち現在に至っています。当方の道院運営も何とか38年目を通過中です。・・・天上の山田先生へ!

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

トミー拳より 千葉松尾道院長ブログ 090-1118-5186 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年4月 6日 (月)

■(緊急連絡)「洗濯バサミ修練」に注意を!  (No.1273)

件名:「洗濯バサミ修練」の注意事項です。

昨夜の基本修練時に「タオル突き」と「洗濯バサミ修練」を行いました。

その際、洗濯バサミが薬指に接触し擦り傷程度ですが・・・事故が発生しました。

もし、リング状のバネが外れて指に刺さると大きな怪我に発展する危険性が潜んでおります。

私のこのブログを参考にして「洗濯バサミ」修練を行っておられる方がおりましたら以上のような点に注意して行って頂きたくお願いいたします。

幼年拳士ですと小指に引っかかる危険もゼロでは有りません。

よろしくお願いいたします。結手

少林寺拳法の公式見解では有りません。

トミー拳より ”拳のつぶやき” 千葉松尾道院 ブログ 090-1118-5186

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年4月 3日 (金)

「長丁場」も修行・修業 (No.1272)

(部内連絡)

送信先:一般部の拳士 各位
CC:少年部拳士・保護者 各位

合掌
本日から「体験月間」が始まります。
皆様のご協力をお願いします。

今回は参加される方のニーズに合わせてアドリブで進行したいと思います。

少林寺拳法のリーフレットは私が用意します。

体験者の方には普段の修練の中に溶けこんで頂き楽しい体験にしてあげたいと思います。

1ヶ月間と長くなりますが指導にあたる皆さんも勉強・修練・修行の流れに取り込める行事にしていただけたら成果有り・・・と思っています。

・近隣・地元の方との意見交換も交え金剛禅を広めて行きたいものです。

よろしくお願い致します。

結手

平成27年 4月3日(金曜日)
千葉松尾道院長 

-------------
少林寺拳法の公式見解では有りません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年4月 2日 (木)

(道院部内連絡) DVDの注文について   (No.1271)

(部内連絡です)

拳士・保護者名位

合掌  おはようござます。

少林寺拳法の教えと技術のDVDの紹介です。

昨年発売された「柔法原理 其の一」の続編DVDです。

今回の発売は2枚組です。「柔法原理 其の二」です。

内容は教えと技法を新井生生(会長)が担当されています。

固め技、決め、投げとわかりやすくていねいな解説になっています。

掛け手の位置や捌き手の関係の再確認にご購入をお願いいたします。(勘違いの是正にも是非・・・・

これは所属長のみの限定販売となっています。

価格は2枚組で5940円です。

送料は松尾道院で負担します。

よろしくお願い致します。

▼注文希望をされる方は徳間まで4月10日(日曜日)迄に返信願います。

平成27年 4月2 日( 火曜日) 
千葉松尾道院長 

少林寺拳法の公式見解では有りません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年4月 1日 (水)

道すがらの・・3ショット  (No.1270)

トボトボと少林寺拳法「月間/体験入門」のお知らせを(通称:チラシ?)を渡しながら近隣の方たちとコミニュケーション。

・・・「それ,何?」

・・・「そー、28年もやってたの?、知らんかった!」

・・・「ワシ、子供たち でっかく なって家にはもう いないよ」

・・・「うち、「ぢっちゃん」と「ばっちゃん」だけだぁ~」

そんな訳で道場までの道すがら・・・・気分直しにスマホでパチリ、パチパチ。

まず、大きな椿さんをパチリ・・・

20150331_135726_4


次は少し歩いて見上げながらの2枚目。

20150331_135655_3


チラシ配布終了。道場脇の癒しのイエロー花。

20150331_141406

自分に「お疲れ・・・」。

顔晴ったね!!。

少林寺拳法の公式見解では有りません。

トミー拳より ”拳のつぶやき” 千葉松尾道院 ブログ 090-1118-5186




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »