« ◆照れが薄れてきたゾ・・・ (No.1246) | トップページ | ◆道院は開業医 ? (No.1250) »

2015年2月10日 (火)

■道の場(みちのば) (No.1247)

道場は「道」を探し極める「場」です。

ゆっくりと階段を登るように己の「道」をつくり、他者との調和力を切り開く「場」です。

(悪い例から会得)
「道を外す」という言葉があるよう・・・・

日々、目の前の真っ白な新雪に自分の足入れて・・・・

人真似でない己の道を切り開く・・・・

世の中は、100%信じて、100%疑って・・・

「和して同ぜず・・・・」

そして、「シュハリ」(守破離)の階段を登る。

少林寺拳法の公式見解では有りません。

トミー拳より ”拳のつぶやき” 千葉松尾道院 ブログ 

|
|

« ◆照れが薄れてきたゾ・・・ (No.1246) | トップページ | ◆道院は開業医 ? (No.1250) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/61113214

この記事へのトラックバック一覧です: ■道の場(みちのば) (No.1247):

« ◆照れが薄れてきたゾ・・・ (No.1246) | トップページ | ◆道院は開業医 ? (No.1250) »