« No.1202 ◆「STAP細胞」事件から学ぶ  | トップページ | No.1204 ◆道場夜話その1(信用と信頼) »

2014年8月29日 (金)

No.1203 ◆SAT入隊・・・「精鋭」

朝小説「精鋭」の続きです。(2014..8.19投稿の No1196から続く)

大変な訓練を乗り越えて希望するSAT(サット)に入隊した柿田さんの口から。

「”訓練”は実践のように、”実践”は訓練のように」

------

さて、訓練と実践を置き変えてみました。少し肩の力が抜けるようです。

・・・「”重い”物は”軽そう”に持つ、”軽い”物は”重そうに”持つ」。(腰痛予防)

・・・「”人生は”舞台のように、”舞台は”人生のように」。(頑張らないココロ)

・・・「”演武”は”実践”のように、”実践”は”演武”のように」。(高得点?)

・・・「まだまだ続きますがこの辺でお開きとします」。皆様でお作り下さい・・・。合掌

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

トミー拳より 千葉松尾道院長ブログ 090-1118-8186 

|
|

« No.1202 ◆「STAP細胞」事件から学ぶ  | トップページ | No.1204 ◆道場夜話その1(信用と信頼) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/60226385

この記事へのトラックバック一覧です: No.1203 ◆SAT入隊・・・「精鋭」:

« No.1202 ◆「STAP細胞」事件から学ぶ  | トップページ | No.1204 ◆道場夜話その1(信用と信頼) »