« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月16日 (月)

(1177) ストップ「集団的自衛権」

当団体の創始者 宗 道臣先生の語録を読み返している。

(語録)
顔で笑って心で泣いて、そうやって己(おのれ)をごまかし、
愛する人や子供たちを戦場に送り出す・・・。

君らの世代は、そんな人間には決してなるまいと自分に誓えよ。

誰もが平和を願い戦争は反対です。

しかし、しかし、です。”総論”は賛成だが・・・”各論”は反対の・・・構図が世界にはびこっている。

日常でも総論は賛成。各論になると「ちょっと待って」となるケースが多い。

~これどうしたら解決に向うのかね?~ 「人間改造の言葉がよぎる」~

ここが平和を脅かす「肝・きも」です。

解決策は一人一人の心に有る・・・。

追伸:まだまだ経済中心に進めてほしいナ。「個別的自衛権」でも可能な「自衛力」を探ってほしい。急ぎ過ぎると大失敗になります。

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

トミー拳より

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年6月13日 (金)

(1176)勇気・・・・・・

・・・・・と言うほどの事ではありませんが。

道場で簡単な挨拶英会話を交わそうとの発案から1か月半が過ぎました。

子供拳士も大人拳士もそして保護者も皆が「グッ、イヴニング」の挨拶でドアーを開けるにはかなり勇気がいるものです。

・・・これぞ一歩踏み出す(難物)「勇気感情」なり。

何事も新しい事を始めるには勇気と恥ずかしさを克服するエネルーギーがいる。

現在は半数の方がたどたどしく「グッド・・・・・・」をしてくれます。

当然、帰宅時は「スイーユー」。送る拳士たちは「グンナイ」。

道院長の口から~、「少林寺拳法の技&金剛禅の教え」はしっかり頭に入れろyo!

「英会話」は自然と入るがままに・・・・まかせて行きましょう」。
(これ以上道場で憶える材料は増やさないでおきたいから)

--------

さあ、今日は修練日です。
”全焼事故サポート募金”の案内を全拳士に渡します。
「皆さん、お小遣いのワンコイン放出をお願いしま~す」。
これも金剛禅 「自他共楽」の実践です。小学生もお願いします。
焼け出されて道衣も帯も焼失しました。皆さんで善意の「気」を注入してあげましょう。結手

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

トミー拳より

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年6月11日 (水)

(1175)◆燕たちと九条

今の○○駅は大リニューアルの真っ最中です。

まだまだ数年続きます。4~5年間の長期工事です。

完成後は東京の新宿駅のようになるんですかね~。

西口はちょっといい感じになりました。
(駅員に代わり・・・「まだ数年、ご迷惑をお掛けします!」)

20140610_123531_2

ところで駅の大工事と関係なく今年も燕たちが元気に巣作りと子育て真っ最中です。

大き目な赤ちゃんに餌を運ぶ親燕が行ったり来たり。

20140610_123602

スマホで記念撮影しました。

話は変わりますが今、「憲法九条の危機」、都合のいい解釈で「集団的自衛権」の言葉が飛び交うニュース。閣議決定も大分大詰めに来たようです。

公明党も正念場です。頑張れ。

独り言:対中、対韓、対北朝は「個別自衛権」の拡大で行けるのにね。安倍さん、あの独断で靖国参拝で振り出しに戻った二の舞にならない様に・・・・。

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

トミー拳より

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年6月10日 (火)

(1174)◆「ビッグデーター」

街を歩いていても、人と話をしても、テレビの情報からも脳は自分の目的に合致したデーターの取捨選択を続ける。

それから、機械では不得意とされる感情のフィルターが二回目の取捨選択をする。

それは、ほぼ同時進行的に行われる。

歩いている人の群れを注意深く眺めているだけで山ほどのデータが放出されている。

磁石のようにプラス、マイナスだけの吸着情報選択では判断不能になる。

(簡単な実験です。)
例えばファミレス店内で外を歩いている人を眺めていると、
その店に入る人か?。
単なる通行人か?。
それともお店の従業員か?。

最近は4割打者並の確率で当たる。それは

▼人の歩幅・・・

▼人の目線の角度・・・

▼人の全身の動かし方・・・

▼人の表情・・・

▼近い目標と遠い目標の差は全身のしぐさにでる・・・

これぞ、自分なりのビッグデーターか。

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

トミー拳より

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »