« (1171)◆門下生宅が全焼! | トップページ | (1173)◆平和の・・「詰将棋」 »

2014年5月24日 (土)

(1172)◆黙祷二回・・・道場の防火について

昨夜は開始前に一回、中間に一回の黙祷を行った。

先日、親と子が在籍するご家庭で全焼火災事故が発生し一名の命が失われた。(2014.5.20  深夜23:40頃)

家族五人の内、4人はそれぞれベランダから飛び降り、軽い火傷と足・腰の骨折で命は取り留めているが重体も一名おられる。

が、残る一人が逃げ後れて無念にも・・・。(中一、女子)

道場では黙祷の後に防火に関して知りえる知識を話させて貰い、道場の防火・防災管理の実態も話させて貰った。

(対策もろもろ)
・煙探知の火災報知機の設置。

・扇風機のタイマーの外部タイマーの設置。(切り忘れは最大、丸4日間動いてしまう)

・湯沸かし器(電気ポット)の外部自動OFFタイマーの設置。

・石油ストーブの振動でOFFの定期的な確認。(消し忘れに最新の注意がいる)

・小型消火器3台の設置。

・消火器の設置個所を全員に周知。

・その他諸々の安全指導、管理方法を書面に残し周知する。

どんなに注意万端でも事故や火災は起こる可能性があります。創設25年、大きな事故は免れているがヒヤリとした事は何度かありました。

30年に一回、40年一回、50年に一回、100年に一回・・・・・の事故を防ぐ”スパン管理”が必要です。

800~1000年に一回起こる可能性の3・11、大津波も風化させないように・・・。

宇宙の”時間スパン”は万年・千年・1億年~千億~・・・。

人間の知恵・科学・化学を過信してはなりません。

多くはお釈迦様の手と・・・孫悟空の関係かも知れません?。

原発も慎重に慎重に。もし戦争になって敵国のミサイル攻撃に原発がさらされたら、「耐えられますか??!!」。起こりうる可能性がゼロではない。(昨今の世界の政治不安定をもっと正視しましょう)

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

トミー拳より ”拳のつぶやき” 千葉松尾道院 ブログ 090-1118-5186

|
|

« (1171)◆門下生宅が全焼! | トップページ | (1173)◆平和の・・「詰将棋」 »

コメント

さすが拳先生、まるっとお見通しでしたね
帰山のアドバイスもありがとうございます
肝に銘じて行ってきます

投稿: 上虚下実 | 2014年5月28日 (水) 08:50

上虚下実さんへ

コメントありがとうございます。
14/05/26 8:43のコメントは上虚下実さんのかなと思っておりました。(ABKの香りが漂っていました)
ご丁寧にありがとうございました。
本山出張(道研)は修行と”酒行”をバランスよく楽しんで下さい。

注:ABKとAKBあり。

投稿: 上虚下実さんへ | 2014年5月28日 (水) 07:42

合掌 名無しの権兵衛で失礼いたしました
ABKの上虚下実のコメントでした
再合掌

投稿: 上虚下実 | 2014年5月28日 (水) 06:40

さんへ

コメントありがとうございます。

>防災も重要な護身の要素ですからね。

ごもっともです。

再度、防災知識を勉強したいとおもいます。合掌

投稿: さんへ | 2014年5月26日 (月) 09:05

何ともお労しい……
ご冥福をお祈りします(合掌)

防災も重要な護身の要素ですからね
当方でも危機管理全般の意識を高めるよう指導していきたいとおもいます

再合掌

投稿: | 2014年5月26日 (月) 08:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/59694820

この記事へのトラックバック一覧です: (1172)◆黙祷二回・・・道場の防火について:

« (1171)◆門下生宅が全焼! | トップページ | (1173)◆平和の・・「詰将棋」 »