« (1162)■残業代ゼロ?! | トップページ | (1164)●技以前・・・体側ひねり~巻込押え »

2014年4月27日 (日)

(1163)◆横綱・白鵬のトレーナーさん(インタビュー)

一般財団法人 少林寺拳法連盟発行の「会報 少林寺拳法」2014.5月号の8~9頁。

標題:「横綱 白鵬のサポートをしてみえてきたものとは?」

白鵬が17歳の時からサポート・トレーナ役をつとめる内藤堅志氏

・・・聞き手は井上弘氏

内藤堅志氏は公益財団法人 労働科学研究所特別研究員

(気に留めた記事)
1.私はプロスポーツ選手も「労働者」と考えています。

2.選手のストレスを安全管理手法から入る。

3.白鵬の日常会話を継続的に・・・膨大なデーターを記録した。本人の回想はバイアスかかるから。

4.まず、自分を知る。

5.自分が目指す「型」というものがあると思うのです。

6.現実は自分が目指すものとズレがでる。

7.PDCAサイクルをまわす。

8.白鵬関は鏡の前に立つと、「型」の練習をしていた。手の動きを確認していた。

9.本場所、けいこ中、土俵の上ではすり足で歩いていた。それが修行。

10.単なるフィジカルトレーニングではなくて、修行、けいこなんですよ。それを日常生活の中に落とし込めるような、稽古できるような時間があると思います。

(感想)
日常のビッグデータを・・・目指す目標に合致させた改良点に・・・専門家のアドバイスが有効。スポーツや武道、格闘技以外にも当てはまる。
安全管理は人の育成・・・。

少しおおざっぱなメモになりました。不足・勘違いの箇所は教えて下さい。結手

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

-------

トミー拳より

|
|

« (1162)■残業代ゼロ?! | トップページ | (1164)●技以前・・・体側ひねり~巻込押え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/59536905

この記事へのトラックバック一覧です: (1163)◆横綱・白鵬のトレーナーさん(インタビュー):

« (1162)■残業代ゼロ?! | トップページ | (1164)●技以前・・・体側ひねり~巻込押え »