« (1140)◆「巻小手」本気度いろいろ | トップページ | (1142)◆前のめりの「安倍総理」 »

2014年3月 4日 (火)

(1141)■二基のサンドバック

2日、日曜日は「武道専門コース」でした。研究科の面々と技を楽しみました。

研究科は研究心旺盛な拳士達です。教えられたり、教えたり・・・・。

本山の出張講師の魅力を引き出す係りでもあります。?

--------

そんなわけで、休院した翌日の昨日の月曜日は代替修練日です。

ほぼ毎月このパターンです。日曜日しか参座出来ない拳士達には申し訳なく思っています。

毎回、毎回空気を突いたり蹴ったりでは当てた感覚が「永遠のゼロ」です。

少年部と一般部分かれて2基のサンドバックの有効活用です。

20140303_193020

(結果)
・拳の握りの甘さが命取り・・・大いに自覚してくれた。

・当身の最良の間合い会得の効果大。

・下半身からの拳力の伝達力でないとサンドバックは揺れもしない・・・実感。

・前足底での廻し蹴りは殆どが角度がぶれる。

・相対バランスの会得効果大。

子供らの顔が少し引き締まって候。

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

-------

トミー拳より ”拳のつぶやき” 千葉松尾道院 ブログ 090-1118-5186

|
|

« (1140)◆「巻小手」本気度いろいろ | トップページ | (1142)◆前のめりの「安倍総理」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/59219906

この記事へのトラックバック一覧です: (1141)■二基のサンドバック:

« (1140)◆「巻小手」本気度いろいろ | トップページ | (1142)◆前のめりの「安倍総理」 »