« (1134)●おしくらまんじゅう(押し競饅頭) | トップページ | (1136)◆「永遠のゼロ」表・裏 »

2014年2月10日 (月)

(1135)◆限定「抜技」乱捕り

日記が滞りました。忙しくないんだけど多忙なんです。?

多忙散策・・・
・・・TVの録画がたまっている。新聞の切り抜きがたまっている。ある団体の会計年度末の作成。集会の決算と簡単な報告。オリンピック報道が賑やかなので、つい、つい、目がTVに向く。そして先日は雪遊びをしたり・・・。

20140208_163432

・・・「どこの、お爺ちゃん!」と言われながらシャッターを押しました。

-------------

さて、限定乱捕りの報告です。
昔、大阪の池田小学校に暴漢が侵入し逃げ惑う子供らを次々に捕まえて刺した事件がまだなまなましく頭に残っています。

道場の小学生も大人も自由に掴みに行き、それを振り切る稽古です。襟、袖、腕、などを掴みます。

30秒でホイッスル・・・攻守交代。低学年拳士も大分うまくなりました。

ここ最近の実験は「柔法」の抜技乱捕りから「剛法」乱捕りを咬ませて・・・上達を狙っています。

今年の目標の実生活に活かす体験乱捕りは一回も休まず実践中です。

何とか”もの”にして見ます。

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

------

トミー拳より ”拳のつぶやき” 千葉松尾道院 ブログ 090-1118-5

|
|

« (1134)●おしくらまんじゅう(押し競饅頭) | トップページ | (1136)◆「永遠のゼロ」表・裏 »

コメント

まんじ丸さんへ

コメントありがとうございます。

相手の動きを鏡写しにまねるわけですね。

また道場でも試してみます。何事も実験です。

楽しく上達を目指して・・・。


投稿: まんじ丸さんへ | 2014年2月11日 (火) 18:50

八方目の鍛錬方法は

お互いに向かい合って、足は肩幅、両手は肩の高さで左右に上げて、一人が手首や爪先をパタパタやるのを、もう一人が鏡の動きで真似っこ。

最初は、一足一拳の間合いから・・・
徐々に間合いを詰めていく。

私がお師さんから学んだものを、今でも子ども達に用いています。


トミー先生の鍛錬法も楽しそうなので、貰っていきます☆

投稿: まんじ丸 | 2014年2月11日 (火) 17:38

まんじ丸さんへ

コメントありがとうございます。
どうぞ、ご活用お願いします。

昨夜は目の置き方の修練を行いました。

先ず、双方「白蓮中段構」から双方が相手の顎を見る。攻守を決める。足を踏みに行く。

これは子供も大人も楽しめます。

次は両手を広げ指の本数をあてる。
次は額叩きで目をつむらない。

そこでアドバイスをする、「遠くを見る目にすると良く見えるよ・・・」

ありがというございました。

投稿: まんじ丸さんへ | 2014年2月11日 (火) 07:20

スゴイですねぇ!

その練習法、頂いちゃって良いですか?

「楽しみながら、上手く強くなる。」

それが、今年の目標なんです。

投稿: まんじ丸 | 2014年2月11日 (火) 01:34

若井りおさんヘ

コメントありがとうございます。
今回の雪は長く降りました。
生まれは雪国ですので、雪景色に幼少の頃の細胞が少し活性化したようです。

投稿: 若井りおさんヘ | 2014年2月10日 (月) 18:14

そちらは予想以上の雪だったのですね。
我が家は豪雨で、雪もまばらでしたが、
今でも高速道路は影響が出ている様です。

今日の稽古宜しくお願いします。

投稿: 若井 りお | 2014年2月10日 (月) 16:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/59038240

この記事へのトラックバック一覧です: (1135)◆限定「抜技」乱捕り:

« (1134)●おしくらまんじゅう(押し競饅頭) | トップページ | (1136)◆「永遠のゼロ」表・裏 »