« ◆全身が柔らかい「鈎手」-No.1096 | トップページ | ◆やっぱり「送小手」で・・・。(No.1098) »

2013年11月14日 (木)

◆その技は「すそ取り」-(No.1097)

大相撲昨日の九州場所。日馬富士が先場所の不調を吹き飛ばす様な良い取組を披露しているがまた見せてくれました。

小柄故に引き立つ土俵です。

昨日、4日目は信じられないような技が出ました。

相手に小手投げを打たれました。耐えて耐えて決められたと思いきや・・・。土俵すれすれに・・・・。

うっつ、もしや少林寺拳法の「三陰交攻」かなと思ったが。

違いました。相手の太い足を避けて踵を掬ったのです。捨て身に出た技でした。

決まりましたが「ものい」すれすれか?。彼の左手の小指は土俵の砂を20粒位掬っていたよな気がしました。

20131114_163843_2

これが「すそ取り」でした。
「三陰交攻」をかけながら踵を掬いあげるのもありかな。

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

------

|
|

« ◆全身が柔らかい「鈎手」-No.1096 | トップページ | ◆やっぱり「送小手」で・・・。(No.1098) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/58575139

この記事へのトラックバック一覧です: ◆その技は「すそ取り」-(No.1097):

« ◆全身が柔らかい「鈎手」-No.1096 | トップページ | ◆やっぱり「送小手」で・・・。(No.1098) »