« ◆やっぱり「送小手」で・・・。(No.1098) | トップページ | (No.1100)◆「入門式」の度に39年前が・・・ »

2013年11月16日 (土)

◆大相撲は「柔法」か「剛法」か -(No.1099)

(2013年11月16日・土)九州場所。

絶好調の日馬富士の立ち合いは正に「剛法」。

次に間髪を入れず、のど輪風の突っぱり?。

極めは柔法か・・・「押さば引け」の引き倒し、滑らかな一連の動き。残心は脇を緩めた待気構風に相手を見下ろす数秒。アップにも見劣りしない。

はやり全身が少林寺拳法の守法「鈎手」風に見える。好調な全身技か?

「土」すれすれの立ち合いでも微動だにしない「全身鈎手」(造語です)

さて、相撲は「剛と柔」が入り乱れる格闘技か。参考になりました。

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

結手

|
|

« ◆やっぱり「送小手」で・・・。(No.1098) | トップページ | (No.1100)◆「入門式」の度に39年前が・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/58587086

この記事へのトラックバック一覧です: ◆大相撲は「柔法」か「剛法」か -(No.1099):

« ◆やっぱり「送小手」で・・・。(No.1098) | トップページ | (No.1100)◆「入門式」の度に39年前が・・・ »