« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月の13件の投稿

2013年5月30日 (木)

1052)◆丁寧なコメント・・・

先日、高校生の親御さんから丁寧なコメントを頂いた。

内容はいじめの実態が書かれていた。そして転校した。後遺症が残っているとのこと。

怪我をして病院通いもして・・・・。

何も解決が出来ない学園のようです。

コメントの文字だけでなく声で確かめたくて電話もした。嘘はないようです。

信頼できる応答でした。

もし、これが事実なら大変な事です。

門下生に・・・推薦することはできない。

書きたくても書けないもどかしさ・・・・。合掌

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

------

もやもやしているトミー拳より

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2013年5月27日 (月)

1051)◆橋下さんへ

ここ、一連の耳を疑うようなレベルの発言が気になります。

そろそろ限界にきているのでしょうか?。

これ、失言でも報道の片手落ちでもないと思っています。

これは人種、性別、年齢を超えて・・・触れちゃなんねえ事よ!。
(おもわず、べらんめ~調になりました。すみません。)

本当に、さびしいね、橋下さん。

うんと期待していたのに・・・・。

次のリーダーに期待しましょう。

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

--------

トミー拳より

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年5月26日 (日)

1050)◆本日は「入門式」

さて、今日は4月・5月期の入門式です。(晴れてよかった)

5歳のチビッ子男子3名を含む5名です。

私,、入門式のなかで唱える「表白文」(ひょうびゃくもん)がすきだ。

唄を歌うように発声できる。

黒い法衣の袖を伸ばしたままの姿もすきだ。

そして輪袈裟も好きになってきた。
(馴染んできたからか?、輪袈裟が似合う年齢になったのか?)

少林寺拳法の技法は「動く禅」です。

呼吸法、八方目、そして深層筋活用で生まれる脱力の風格が好きだ。

演武は単なるコンビネーションと単なる気合いだけを競うのではない。広報の意味合いから始まったと聞く演武大会・・・一人歩きがまだ続いているようだ。

今一度、真の風格を語れる「踊り」が見たい。”演武”も”演舞”も大差のない議論だ。

----------
----------

以下「表白文」の抜粋・・・

・・・「在天の祖師達磨大師、並びに開祖道臣禅師のおん前に、金剛禅総本山少林寺」・・・・謹み敬いもうす。

茲に(ここ)、五名は本月本日を期して我が法門に入り、開祖の遺法易筋鎮魂の教えを受けて行ぜんとす。

此の行は、源、天竺那羅之捔力にして、羅漢の法なり。云々・・・云々。

♪ざいてんのそし だるまたいし  ならびに かいそ どうしんぜんじの  おんまえに こんごうぜん そうほんざん しょうりんじ   つつしみて もうす。

♪ ここに ごめいは ほんげつ ほんじつ を きして わがほうもんにはいり

かいそ の いほう えっきん  ちんこん のおしえを うけて ぎょうぜんとす。   

♪この ぎょうは みなもと  てんじくならのかくりき に して  らかんの ほうなり・・・・・・。云々

-------
-------

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

--------

トミー拳より ”拳のつぶやき” 千葉松尾道院 ブログ 090-1118-5186

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2013年5月20日 (月)

1049)◆大学拳法部訪問

先日、近隣の大学支部を訪問する機会を得た。

身内に見学希望者発生・・・決行。善はいそげ。

ミニチュアダックス、ワンちゃんはバックに入ってもらい人間二人とワン間(わんげん)一人の見学でした。

吠えないで欲しいと願いながらおそるおそる武道場にはいる。・・・・ワン!。

定年になってやっと近隣の少林寺拳法の活動現場を訪ねる 余裕が出来たようです。・・・ココロも身体も。

大学近くの店で美味しそうな飲み物を10本買う。内、二本は監督用です。

それ、飲むと酔う奴です。(これは自宅用ですョ、監督)

修練者はほぼ8人と想定して10本購入でしたが的外れでしたなんと拳士15人も居たのです。5本足りません。・・・・ゴメン。

さて、現場は大きな畳敷きの武道場です。半分は合気道が使用していました。

合気道風に変化してきたと言われる少林寺拳法です。対比に目が行く。

実は自分も1年半ほど合気道・気の研究会に籍をおきました。

基本となる動きの真のところは同じです。外にどう表れるかによってふるいわけられていると思っている。

音楽を例にとる。・・・演歌だポップスだ民謡だ浪曲だカンツォーネだ詩吟だブルースだニューミュージックだと・・・真のところは楽しめる唄なのですから。

--------

今回は道衣は持たずに耳と眼と五感での参加でした。

道場は黒帯と茶帯・緑帯・白帯とバランスの良い活気が漲っていました。

私も良い刺激を頂き感謝です。1時間もオーバーしての見学でした。ワン、ワン。

ありがとう、監督、コーチ、首相、間違えました主将さん。またの出会いを期待して、気合い。そしてダックスちゃんも喜びのワン、ワン。

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

--------

トミー拳より ”拳のつぶやき” 千葉松尾道院 ブログ 090-1118-5186

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年5月14日 (火)

1048)◆戦後処理・・・「性」問題

(固い話で御免なさい)

①一触即発の竹島「韓国」。

②そして尖閣「中国」。

③「北朝鮮」は論外の暴挙。戦争気分でミサイルに標準を合わせている。

・・・・・三方塞がりの日本が三国とにらめっこではいずれ酸素不足になる。

そんな一触即発状況の中ですが。

総理は「侵略」の定義ははっきりしていないとぶち上げた。そして世界でも「侵略」が・・・・と語った。

今日、「従軍慰安婦」を容認するような発言が橋下大阪市長から流れた。事のついでなのでしょうか?、「沖縄の性的な不祥事が続く海兵隊員に向けて、風俗をつかってくれ」的な発言が出た。参った。

これはとんでもない発言です。

酒酔い運転で警察に尋問されている人が、Aさんも、Bさんも酒酔運転をしていました、だから僕も見逃して(無罪です)と言ってるのと変わらない。

終戦処理は済んでいないのに160名強の国会議員が集団で靖国参拝のニュースが流される。

何故徒党を組んで参拝する必要があるのか?。

本当に戦争で亡くなった英霊の鎮魂ならば、議員一人一人が、そっと10万円位のお賽銭を入れてくれたら良いのに。

日本は敗戦国です・・・東京裁判の正当性の可否までも公然と閣僚が発信し始めた。

戦後もう60年以上と見るか、まだ60年しかたっていないと謙虚に思うか?

200年位経過したら戦後レジュームからの脱却発言も少し風通しが良くなりますかね。

まだまだ戦後処理は生臭生いのです。

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

--------

トミー拳より ”拳のつぶやき” 千葉松尾道院 ブログ 090-1118-5186

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

1047)◆揺れ動く心

「心」とは・・・コロコロ、コロコロと動くから「こころ」。

なら、こちらの意志で転がしてみないか?。自分の「心」になるかも?。

「~転がる石には苔はつかない」・・・こんな唄がありました。流行歌は時節を転がす。

少林寺拳法の「前受身」や「後受身」も転がる稽古です。

固い床で転がると一番痛くない立ち位置がわかる。恐怖心を自分の心に転がす稽古です。

怖いものと友達になる稽古です。怪我のなきように。

ー「虎穴入らずんば虎児を得ず」ー

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

------

トミー拳より ”拳のつぶやき” 千葉松尾道院 ブログ 090-1118-5186

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年5月13日 (月)

1046)◆稽古二部・・・誕生

当道院では稽古の流れからいつの間にか一部、二部の名称が市民権を得つつある。

そして、幼年部 ・少年部 ・一般部 そして追加で・老年部も(?)。

・・・「先生、老年部は何歳からですか?」

・・・「歳は自己申告ダ、この道院は精神年齢申告でOKです」。(皆若い)

さて平日は
(一部)19:00~20:35分・・・幼年部と少年部。1時間35分。
(二部)19:00~21:10分・・・一般部と老年部(失礼、僕も含む)。2時間10分。

そして日曜日は
(一部)18:00~19:35分・・・幼年部と少年部。
(二部)18:00~21:10分・・・一般部と老年部。なんと3時間10分。

日曜の二部は穴場です。是非参座願います。技の研究あり、笑いあり、笑顔あり・・・雑談を散りばめて、お開きになります。

20130512_201313_1

少林寺拳法は道場の子供たちの5分休憩の叫びも「法話」、二部の雑談も「法話」、技の学習も「法話」、玄関で門下生を送る言葉も「法話」です。

これ、またの名を「飽和」?。失礼しました。合掌

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

---------

トミー拳より ”拳のつぶやき” 千葉松尾道院 ブログ 090-1118-5186

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年5月12日 (日)

1045)◆知っているつもり

指導歴が長くなると「知っているつもり」が頭の中に広がってくる。

相手も知っているつもりだとなる。

その人の足元まで下がれにくくなる。

怖いのは下がっているつもりが下がっていない現象は最悪だ。

そこで、争いの半分は「誤解から」の諺も真となる。

日本に昔からある「以心伝心」も指導現場では少し弊害となる。

君、「明日はアレをしてくれ」「そして何をしてくれ」。

あなた、「そこはいつものようにやってくれ」。

双方が違うアレだったり、勘違いの何だったりする。

さあ、今日も小学生になったつもりで指導しよう!

・・・なんて真面目なんだろう、うちの道場は。

-------

追伸:本日の道場は三つの仕事が待っている。

①あの男子と小学校のいじめの打ち合わせ。親と教諭と三つ巴で解決策を練ろう。今の時期はいじめ根絶にはグッドタイミングです。

②物を壊した子供にそれを教材に楽しいレッスンを。原因の確認と反省と修理の喜びを伝授する。コレ、「金剛禅」なり。

③7級試験の子に少し荒治療のレッスン、当然「力愛不二」(りきあいふに)の教えのもとに。合掌

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

---------

トミー拳より ”拳のつぶやき” 千葉松尾道院 ブログ 090-1118-5186

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年5月11日 (土)

1044)◆道場に活気が戻った

道場が膨れてきた。
(バブルではありません。アベノミクスの影響でもありません。米国の経済事情でもありません。)

5歳から60歳代が棲む道場?、すさまじい振幅を何とかクリア出来る指導体制も出来てきた。・・・20年前の活気よ来~い。

20:35分、少年部を送り出した後の30分は四~五段の技も楽しめるようになってきた。

柔道や剣道の現役も登場し技の研究には事欠かない。武蔵さんの「五輪書」談義も少~し出来て・・・笑顔。

さあ、年齢は棚に置いて・・・気合い。

明日は稽古です。さあ、チマチマした愚痴は封印してガンバ!

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

ーーーーーーー

トミー拳より ”拳のつぶやき” 千葉松尾道院 ブログ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年5月 9日 (木)

1043)◆武専(ぶせん)後・・・雑談

三日前の武専はメイン講師(本山出張講師)は愛知県の先生でした。

40歳代の先生です。少林寺拳法の技法の良い変化が浸透してきているな・・・と思わせる技法指導でした。

あまり技をこねくり回さず分かりやすい。

好感度大、見習いたい。

-----------

・・・・時代と共に技も変化するが良し悪しの取捨選択の方向性をびしっと示す機関が必要です。(さて何処でしょう?)

「武専」は”指導者養成”と”技の統一”?が目的のはずなのに・・・・。

当道院からも1名入学した。戸惑いは大きい。

改革は技法から・・・・。

技法が定まれば少林寺拳法人口は増えるはずです。

痛い技、痛くない技のレベルの話し??。

すいません、また尻切れトンボの日記になりました。

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

-------

トミー拳より ”拳のつぶやき” 千葉松尾道院 ブログ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2013年5月 5日 (日)

1042)◆「子供の日」の原点

「原点に帰ろう」が叫ばれている。

スローガンだけでは何も変わらない。→教育界、政界、武道界もしかり、経済界も金融界も・・・・。

東京都知事さんも五輪誘致行脚で、五輪の原点を忘れたかのような発言があった。これからの誘致活動の障害になるでしょう、きっと。

さて、本日は「子供の日」の祝日です。

僕も忘れかけていたのでその原点を探ってみた。

「子供の日」は・・・”1948年(昭和23年)、こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝するという趣旨で制定されて国民の祝日”でした。

 

こどもの人格・・・・。

こどもの幸福・・・・。

子供達よ、母に感謝・・・・。

更に覚えやすく、人格・幸福・母にありがとうです。

世界の、日本の、少林寺拳法の、千葉松尾道院の子供達におめでとう!!。

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

--------

トミー拳より ”拳のつぶやき” 千葉松尾道院 ブログ 090-1118-5186

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年5月 2日 (木)

1041)◆心通わす8枚のツール

当道院では5月の誕生日拳士が8名います。小学生~50歳位。

月始めにその誕生カード作成する。拳士と保護者とのコミニュケーションツールです。10年以上継続中です。

8枚も書くとなるとチョット構える・・・。3枚書いて一休み。3回繰りして終了です。

昨年と違う内容にしなければと思いつつ、ダブらないか心配です。

休眠しそうな子には、「継続は力です」と訴える。マンネリ化しそうな子にはそれなりの、「檄?」的な文言をちらつかせる。

まあ、そんなこんなで書き上げました。

20130502_183759

ふー。

------------

トミー拳より ”拳のつぶやき” 千葉松尾道院 ブログ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

1040)◆怖いものには近づこう・・・幼年「打棒」

打棒の”バシーン”の音が怖いという五歳の男子拳士がいる。まだ入門一ヶ月です。

道院運営25年のキャリアを生かして対策を考える。

その①は保護者が打棒の”バシーン”の前にお母ちゃんの傍で待つ。

その②は鎮魂行はしない。

その③はその子に打棒を体験してもらう。

さてさて・・・・。

その③を採用した。

当然、トミー拳が付添です。ついでに五歳組の2名も参加体験をすることにした。

ドキドキ・・・。

なんと、なんと上手く行きました。

そこで結論です。(その日の法話としました)
怖いものから距離を置いてはいけないのです。近づけるだけ近づくのです。そして目を見開いて八方目で・・・怖いもの、危険なもと正視するのです。

(付録1)乱捕も八方目で近づくと少し恐怖心が薄まります。

(付録2)いじめられている人達も「八方目」で正視しその原因に近づいてみましょう。

朝の呟きを終わります。ありがとうございました。合掌

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

---------

トミー拳より ”拳のつぶやき” 千葉松尾道院 ブログ 090-1118-5186

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »