« 1042)◆「子供の日」の原点 | トップページ | 1044)◆道場に活気が戻った »

2013年5月 9日 (木)

1043)◆武専(ぶせん)後・・・雑談

三日前の武専はメイン講師(本山出張講師)は愛知県の先生でした。

40歳代の先生です。少林寺拳法の技法の良い変化が浸透してきているな・・・と思わせる技法指導でした。

あまり技をこねくり回さず分かりやすい。

好感度大、見習いたい。

-----------

・・・・時代と共に技も変化するが良し悪しの取捨選択の方向性をびしっと示す機関が必要です。(さて何処でしょう?)

「武専」は”指導者養成”と”技の統一”?が目的のはずなのに・・・・。

当道院からも1名入学した。戸惑いは大きい。

改革は技法から・・・・。

技法が定まれば少林寺拳法人口は増えるはずです。

痛い技、痛くない技のレベルの話し??。

すいません、また尻切れトンボの日記になりました。

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

-------

トミー拳より ”拳のつぶやき” 千葉松尾道院 ブログ 

|
|

« 1042)◆「子供の日」の原点 | トップページ | 1044)◆道場に活気が戻った »

コメント

拳法一代さんへ

コメントありがとうございます。

仰られるとうりです。

技の統一は難しいでしょうが、基本線は定める必要があると思っています。


「守・破・離」の都合の良い解釈も気になります・・・。

合掌

投稿: 拳法一代さんへ | 2013年5月 9日 (木) 16:23

痛い技、痛くない技のどちらも出来るようになるのがベストでしょうが護身としてなら痛い技で悪漢を懲らしめるようになるべきかと。(極めの当身が不要なくらい効かせ極めましょう:happy01

身体操作を主眼とするならば痛くない技も有りでしょうね。見る目を養い自分で良かれと思う技を個人意思で選択する時代に入ったと言う事かと・・・。
でも見る目が養えるのは一体?何年間の修練を積めば叶うのでしょうか・・・私はまだまだです。


私感ですが・・・
技の統一は無理じゃないでしょうか?

投稿: 拳法一代 | 2013年5月 9日 (木) 10:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/57315411

この記事へのトラックバック一覧です: 1043)◆武専(ぶせん)後・・・雑談:

« 1042)◆「子供の日」の原点 | トップページ | 1044)◆道場に活気が戻った »