« 1003◆調和 6:3:1 | トップページ | 1005◆技の名前と「整理整頓」 »

2013年2月 1日 (金)

1004◆呆れた監督

柔道界がう”すっぺら”になっている。

監督の技量の無さ・・・・勝利至上主義のツケ・・・指導者のいびつな能力の過大評価・・・が今回の事件を生んだと思っている。

勝つためには何でもアリの風潮が是正されないかぎりこの手の事件は無くならない。

選手達が暴力指導の実態を口頭で、文章で、嘆願書で、なんと15名全員で報告しても決断できない上層部の無能さが・・・事件を大きくしていた。

嘉納治五郎先生の教えはどこに消えたのか?

・・・・他山の石としなければならない。

トップの仕事の80%は決断なのだ!!。

交通信号と同じです。赤はストップです。緑はOKです。黄色は熟慮、熟慮で見定め・・・・。

さあ、今日も少林寺拳法の稽古です。合掌

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

--------

トミー拳より ”拳のつぶやき” 千葉松尾道院長ブログ 

|
|

« 1003◆調和 6:3:1 | トップページ | 1005◆技の名前と「整理整頓」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/56671536

この記事へのトラックバック一覧です: 1004◆呆れた監督:

« 1003◆調和 6:3:1 | トップページ | 1005◆技の名前と「整理整頓」 »