« 948◆これも「易筋行」なり | トップページ | 950◆部内連絡(稽古日変更) »

2012年8月26日 (日)

949◆「休眠」相談始まる・・・

中学に進級した拳士が5人いた。内、初段が4人。茶帯が1人。

当初は初々しい中学生5人が、「続けます!」と元気に新年度のスタートをきったが・・・。

勉強、部活、(遊び?)の両立は大変(難しい)な様です。

---------

先日、「休眠」の相談を受ける事になった。

部活の内容と時間の関係を聞くと、「うーん」大変だなと思った。

本人は少林寺拳法は続けたい気持ちはあるようだ。

「分かった」。

「何とか・・・9月一杯続けないか?」。

「そして9月中に結論を出そうョ」。

拳士が「はい」。

さあ、これからが道院長の腕の見せどころです。

時間の調整、曜日の調整、役割の調整、拳士の心の整理の手助け、等々・・・。

頭、フル回転でGO〜。

この作業が責任者の重要な任務です。

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

------

トミー拳より ”拳のつぶやき” 千葉松尾道院

|
|

« 948◆これも「易筋行」なり | トップページ | 950◆部内連絡(稽古日変更) »

Ⅷ.少林寺拳法」カテゴリの記事

コメント

一寸さんへ

コメントありがとうございます。

話し合いもないままになし崩しで休眠状態になってしまう拳士もいますが、相談してくれるとは嬉しい限りです。

少林寺拳法の教えが(金剛禅)少し沁み込んで来ていますね・・・。

投稿: ・・・一寸さんへ | 2012年8月27日 (月) 20:20

勉強が難しくなって、学校の授業だけでは理解できず、当たり前のように塾に通う。部活動においては、後輩ができ、世代交代となり、練習量も増えるようですね。

我が家にも同じ年頃のがいますので、目の当たりにして感じています。 我が家の場合は、一緒に歩いているという点で仕方なく続けているのかも知れませんが、自分なりに弐段取得を目指し、そして「三年生になったら…」とその時期を考えているようです。

初段が節目となり、中学入学前に「大変になるから・・・」と休眠する子供が多い中、中学生活を実際に経験してから自分で考えて、相談してくれる。 トミー拳さんの側にいる時間を大切に考えてくれていたんだろうと考え、嬉しく思います。

投稿: 一寸 | 2012年8月27日 (月) 10:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/55480445

この記事へのトラックバック一覧です: 949◆「休眠」相談始まる・・・:

« 948◆これも「易筋行」なり | トップページ | 950◆部内連絡(稽古日変更) »