« 938◆遅すぎた「離党」劇 | トップページ | 940◆「ヒッグス粒子」と「ダーマ」と「お通夜」 »

2012年7月 4日 (水)

939◆ICU室 9日目

ICU室を訪ねるのも9日目になる。(見舞う)

ベッドの周りに並ぶ管やチューブや透明バックで重そうなベッドも見慣れてきた。

担当医から今後についての説明があった。

「口から入れた管は10日間が限界です」。

「夕方、抜管(ばっかん)します」。

「抜管後に病状が急変する可能性があります」。

最悪のときの方法は三つ・・・・。

①「管を再び入れる。再管は厳しい」。

②「咽喉に(首)に穴を開け管を入れる」。

③「酸素吸入で回復を待つか?」

・・・・・いづれにしても予後は厳しい。

先生にお任せします。そして面談を終了した。

命の管なきあとの生命力に希望を託して病院を離れた。

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

----------

トミー拳より ”拳のつぶやき” 千葉松尾道院

|
|

« 938◆遅すぎた「離党」劇 | トップページ | 940◆「ヒッグス粒子」と「ダーマ」と「お通夜」 »

Ⅲ.日記と「つぶやき」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/55111606

この記事へのトラックバック一覧です: 939◆ICU室 9日目:

« 938◆遅すぎた「離党」劇 | トップページ | 940◆「ヒッグス粒子」と「ダーマ」と「お通夜」 »