« 921◆少年達の活力源 | トップページ | 923◆司牡丹(つかさぼたん) »

2012年5月17日 (木)

922◆「核心的利益」・・・不気味です。(「月間 秘伝」紹介)

ニュースで最近流れ始めた言葉に「核心的利益」がある。

何か不気味な響きを感じる。

正義と正義がぶつかり合って沢山の血が流れる。(いまだに流されているが・・・)

かつては宗教間の争いで多くの血が流された。中東などではまだ爆弾テロが頻繁に続いている。

宗教の「我」と、正義の「我」と、ここにきてまた新たに”核心的利益”の「我」で血が流れるのか?。

世界が一つになる日はいつ来るか。

冗談ではなく宇宙人が攻めて来て地球の人間の生命が脅かされたらきっと世界は一つになるのでしょう。

幕末の改革も黒船騒動が一役買った。宇宙規模の黒船”大”騒動でも起こらないと世界は一つになれないのか?

==========

少林寺拳法創始者 宗道臣先生の言葉を思い出した。

P1000056

武道・武術の秘伝に迫る「月間秘伝」2011年2月号。11ページ。

◆特集第一部からの引用→

 「”正義”が一人歩きするのは怖い」というのが開祖(創始者)の持論。

 「中東問題でもユダヤの正義もあれば、パレスチナの正義もあって、どちらも正義のために戦争をしている」だから開祖は常に「正義」ではなく「正義」という表現を用いていた。

 「正義感とは、かしこさ」なぜなら「正義は定義できないが、不正だったら定義できる。不正があるから正義の気持ちが生まれるのであって、正義とは感性、つまり正義感である」と教えていた。

 別な言い方をすると、正義感とは、何が正しくて、何が正しくないかの判断力、つまりかしこさ(理知)でもある。-文 藤田竜太 -

==========

この月刊誌は少林寺拳法を特集しています。

まだ読まれていない方はあらゆる手を使ってwink読んで頂きたいと思います。

-------

追伸:明後日は四国・多度津町の本山に帰山します。

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

-------

トミー拳より ”拳のつぶやき” 千葉松尾道院

|
|

« 921◆少年達の活力源 | トップページ | 923◆司牡丹(つかさぼたん) »

Ⅲ.日記と「つぶやき」」カテゴリの記事

Ⅷ.少林寺拳法」カテゴリの記事

コメント

上虚下実さんへ

コメントありがとうございます。

今回は武藤先生の講演が楽しみです。

本山の雰囲気を楽しんできます。

アンケートも時間をかけて提出したいと思っています。

投稿: トミー拳より上虚下実さんへ | 2012年5月17日 (木) 19:53

ご紹介ありがとうございます!?
秘伝誌は、来月発売の7月号にも、京都別院に関する記事が大きく取り上げられるみたいですよ
明後日からの道研も、たっぷり充電してきてくださいね
ワタシは3次で帰山します
どうぞお気を付けて

投稿: 上虚下実 | 2012年5月17日 (木) 18:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/54706958

この記事へのトラックバック一覧です: 922◆「核心的利益」・・・不気味です。(「月間 秘伝」紹介):

« 921◆少年達の活力源 | トップページ | 923◆司牡丹(つかさぼたん) »