« (868)納会報告 | トップページ | (870)「開足中段構」と「白蓮中段構」が違う? »

2011年12月28日 (水)

(869)単純に、単純に・・・

鹿沼”箒”職人が弟子に指導する言葉のシンプルな事、そして解りやすかったこと・・・。

 

・・・「箒」を作るとき、”長持ちするように”作りなさい。

 

・・・「箒」を作るとき、”使う人の気持ちになって”作りなさい。

 

-----------

 

「箒」を拳法に置き換えて考えてみた。

 

・教える時、技と教えが"長持ちするように"教えなさい。

 

・教える時、技と教えを”使う人の気持ちになって”教えなさい。

 

さあ、次回の修練からは・・・・・!

 

今、少林寺拳法の教えと技が必要な時代に入りつつある。

単純に、単純に。

 

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

 

-------

 

トミー拳より ”拳のつぶやき” 千葉松尾道院

 

|
|

« (868)納会報告 | トップページ | (870)「開足中段構」と「白蓮中段構」が違う? »

コメント

コメントありがとうございます。

箒も床や畳を掃くだけではなく、製造機械の隅の掃除にも使用し30年、40年と使う例が紹介されていました。

一生、使える技と教えを・・・。

投稿: トミー拳より・・・ | 2011年12月31日 (土) 15:44

すっと入ってきました。
肩が軽くなったような、この感じはなんでしょう。
心掛けたいですね。

投稿: | 2011年12月31日 (土) 15:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/53567769

この記事へのトラックバック一覧です: (869)単純に、単純に・・・:

« (868)納会報告 | トップページ | (870)「開足中段構」と「白蓮中段構」が違う? »