« (863)手取り足取り | トップページ | (865)少年部・昇格準備 »

2011年12月 9日 (金)

(864)「天ぷら」ワザと「拳法理法」

水曜日の夜、NHK”ためしてガッテン”は「天ぷらのワザ」の解説でした。

面白い発見がありました。

(それは)
天ぷらは揚げるのではありません。

銀座の天ぷら屋のその達人さん曰く、「天ぷらは蒸すのです!」

衣に傷を付けないようにそっと油に入れる。

ゴルフのパターの体のつかい方から入るなんぞはさすがです。

天ぷらの衣を無傷で油に泳がせるために太い箸を行う。

そうすると接地面が分散し、なお指の力が緩くなる・・・・。

それから油に斜めに挿入する。当然、身体のどこの部位にも”力”みは厳禁。

(衣の中で蒸れさせる!)

punch
またまた、少林寺拳法の技に連想を逞しくしたトミー拳でした。

・・・抜技、逆技の「理」もこれかな?。

どこかから声が聞こえてきました。「剛法」も同じだよ~。

追伸:先生、素揚げは?

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

------------

トミー拳より ”拳のつぶやき” 千葉松尾道院

|
|

« (863)手取り足取り | トップページ | (865)少年部・昇格準備 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/53424510

この記事へのトラックバック一覧です: (864)「天ぷら」ワザと「拳法理法」:

« (863)手取り足取り | トップページ | (865)少年部・昇格準備 »