« (860)最上の特昇練習会、書かずにいられない! | トップページ | (862)バットの掛手と捌手 »

2011年12月 4日 (日)

(861)師走・龍

未更新が十日位続いた。師走四日目に入りました。

年の瀬の追われるような快感,と、新年を迎えるざわざわとした準備作業と、寒風が・・・1年の”塵”を拭ってくれる12月。

・・・・・だから師走は好きです。

来年は”辰”年です。龍です。

少林寺拳法の技法には龍から始まる名称も幾つかあります。

まず、龍王拳第一系、龍投、龍固、龍王拳、龍華拳。

これは龍の様にかける技なのでしょうね。

さあ、来年は龍にあやかって修練向上。

ところで先日、日本を訪問されたブータン国王の言葉が光っていました。

「ブータンと言うのは、”龍の国”です。紋章も龍です。龍は何を食べるのでしょう。龍は経験を食べるのです。みんなが大きくなっていくと経験が増えるからみんなの中の龍を大きく育てることが出来るんです。」~

結手

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

-------

トミー拳より ”拳のつぶやき” 千葉松道院

|
|

« (860)最上の特昇練習会、書かずにいられない! | トップページ | (862)バットの掛手と捌手 »

コメント

スキルアップですね!(汗)
おやぢ年男です。ヤバいですなあ。
龍のように技を絡めて取る。。。
おやぢにゃ無理っす(爆)
出直してまいります。

投稿: 拳法おやぢ | 2011年12月 5日 (月) 11:07

上虚下実さんへ

コメントありがとうございます。
10年くらい前ですが愛媛県の合○先生が龍の様に絡めて抜き、掛ける(柔法技)のだと指導していただいたのを思い出しています。

先生の剛法も龍の様に見えてきました。

投稿: トミー拳より上虚下実 さんへ | 2011年12月 5日 (月) 07:16

ブータン国王、じつに立派なリーダーでしたね 「黒帯インドを行く」という面白い本がありまして(柔道家の本ですが)、その本を読んで以来、ブータンに興味を持っていました(ダショー西岡氏のことも書いてありました)
また、辰年は、「龍系諸技」のスキルアップという発想はいいですね! ワタシも門下生に呼び掛けてみます

投稿: 上虚下実 | 2011年12月 5日 (月) 00:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/53402401

この記事へのトラックバック一覧です: (861)師走・龍:

« (860)最上の特昇練習会、書かずにいられない! | トップページ | (862)バットの掛手と捌手 »