« (No.857)◆蛇感覚の天地拳第一 | トップページ | (859)腰痛解明・最前線 »

2011年11月16日 (水)

(No.858)◆ハングリーな精神とチャンピョン

ボクシングの話です。

昔、日本は豊かになったからボクシングのチャンピョンが少なくなったと言われていた。

現在、最多のチャンピョンを輩出している。(すごい!)

一見豊かそうで?若者の心はハングリーなのかな?

そういえば、先日亡くなられた(アップルの)ジョブズさんも「ハングリーであれ馬鹿で(愚かで)あれ」と・・・名言を残した。

翻って、少林寺拳法の演武は、何々の様に・・・の表現の集積かもしれない。

ハングリーでなくてもハングリーの気持ちで体も心も機能させる術?が・・・何か有りそうです。(心の操作は体から・・・身体あっての心です)

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

--------

トミー拳より ”拳のつぶやき” 千葉松道院

|
|

« (No.857)◆蛇感覚の天地拳第一 | トップページ | (859)腰痛解明・最前線 »

Ⅲ.日記と「つぶやき」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/53249156

この記事へのトラックバック一覧です: (No.858)◆ハングリーな精神とチャンピョン:

« (No.857)◆蛇感覚の天地拳第一 | トップページ | (859)腰痛解明・最前線 »