« (No847)◆「ハングリーであれ、馬鹿であれ」:(ジョブズ氏) | トップページ | (No849)◆”エキスパンダー”日曜練習 »

2011年10月 9日 (日)

(No848)◆ジョブズ氏・・・語録と辛口私見

10月6日の朝刊の記事から・・・デジタル革命の風雲児。ステーブ・ジョブズ氏。

読みながらマーカーを引いたら真っ赤になった。

マーカー部分を転記します。

---------

~枠にとらわれないサービスは、既存の産業のあり方を変えていった。

  ・・私見、枠にとらわれない少林寺拳法の指導を。

~ハードとソフトを完全に融合させた。我々の音楽の楽しみ方は一変した。

  ・・私見、拳禅いちにょ、ハードとソフトを本気で考えて少林寺拳法の楽しみ方を一変する気持ちでトライ。

~(飲料大手のペプシコの社長を引き抜いた時のセリフ)「一生砂糖水を売り続けるつもりか。それとも世界をかえるチャンスに賭けるか」

  ・・甘い技、辛い技、甘い教え、辛い教え・・・さて。

~激しい気性と強力な指導力でも知られるが、ハングリーさの反面、禅に傾倒していた。この影響か、製品のデザインに簡潔さを求めた。・・・たくさんのボタンが並ぶ携帯電話を嫌っていた。

  ・・喧嘩という字は、口に宜しく華が咲く?。

~「今年はまだわくわくするような製品を送り届けるよ」

  ・・わくわくと・・・変化と改良・・・新製品”技”+”教え”。

チョット辛口節になり候。

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

-------

トミー拳より (拳のつぶやき) 千葉松尾道院

|
|

« (No847)◆「ハングリーであれ、馬鹿であれ」:(ジョブズ氏) | トップページ | (No849)◆”エキスパンダー”日曜練習 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/52944696

この記事へのトラックバック一覧です: (No848)◆ジョブズ氏・・・語録と辛口私見:

« (No847)◆「ハングリーであれ、馬鹿であれ」:(ジョブズ氏) | トップページ | (No849)◆”エキスパンダー”日曜練習 »