« (No.817)◆突き・蹴りと当身 | トップページ | (No.819)◆息子・娘からの借金・・・ »

2011年8月 7日 (日)

(No.818)◆幼年・小学生が三人掛け?

ゲリラ雨の予報のせいか金曜日練習の拳士は少数。全ての拳士が少年・少女。(中学生が1名いました)

そんなわけで練習プログラムを変更する。

作務~準備運動~鎮魂(行)~基本練習は・・・サンドバックの蹴り・突きから始動。

・・・まずは流水蹴りの後ろと前の蹴りを行う。体を大きく開きながら各10蹴り。

体重を乗せ切って蹴るか、体重移動途中で蹴り決めるか。相対バランス体感は前者、後者で異なる。うーん、前足低で蹴る感覚が難しいようです。・・・踵で蹴ってもOKだよ。少し蹴り感覚が重くなった。(見えた)

・・・次は天地拳第一系の攻撃と反撃をサンドバックに当て感覚の練習。間合が近づけかないと当たらない。・・・・新たな当て感が実感。

・・・次は天地拳第二系の攻撃の連撃と反撃をヒット間合いの体感・会得。上段振突の肘の曲げ感覚の習得。(腕をの伸ばして叩いたら自分の肘がボキッ)

・・・次は道衣の前面に洗濯ばさみを4個着ける。守者1名、攻撃は2名。洗濯バサミの三人掛け?風に行う。

イヤー参った。鬼ごっこに風になってしまったゾ!。

そこで条件をつける、守者は退るのは禁止で~す。「左右しか移動するな!」

かなりいい感じで進行しました。end

毎回、拳士の参座状態で決めるアドリブ体制です。ご心配なく、科目表はチェックしながら進行しています。

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

---------

トミー拳より

|
|

« (No.817)◆突き・蹴りと当身 | トップページ | (No.819)◆息子・娘からの借金・・・ »

Ⅵ.道場」カテゴリの記事

Ⅷ.少林寺拳法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/52403249

この記事へのトラックバック一覧です: (No.818)◆幼年・小学生が三人掛け?:

« (No.817)◆突き・蹴りと当身 | トップページ | (No.819)◆息子・娘からの借金・・・ »