« (No.815)◆推理小説は脳の柔軟体操? | トップページ | (No.817)◆突き・蹴りと当身 »

2011年8月 5日 (金)

(No.816)◆しゅ・は・り、のサイクル

(独り言)
守・破・離のサイクルはあらゆる場面で回っている。回す努力と回そうとする気持ちが必要かな?。

例えば、”破”・離・守のサイクルでもがく人・・・。

例えば、”離”・守・破のサイクルでもがく人・・・。

例えば、守・”離”・破のサイクルで戻れない人・・・。

そこで、”守”の完成度が人それぞれです。難しい~。

そうか解った。・・・段位が目安だったか。でもその段位は揺れ動く目安です。そのサイクルを回し続ける人のみ与えられる・・・。

段位のキープは日々の暮らしの中にある。スイマセン、訳の解らない独り言でした。coldsweats02

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

--------

トミー拳より 

|
|

« (No.815)◆推理小説は脳の柔軟体操? | トップページ | (No.817)◆突き・蹴りと当身 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/52388723

この記事へのトラックバック一覧です: (No.816)◆しゅ・は・り、のサイクル:

« (No.815)◆推理小説は脳の柔軟体操? | トップページ | (No.817)◆突き・蹴りと当身 »