« (No.814)◆薬局が道場・・・ | トップページ | (No.816)◆しゅ・は・り、のサイクル »

2011年8月 4日 (木)

(No.815)◆推理小説は脳の柔軟体操?

数週間前に道場行きのガラガラの列車内で見つけた推理小説・・・西田京太郎さんの本。

拝借して・・・読む。・・・いい!。

・・・頭の(脳の)指圧?。・・・脳ミソの整体?。

>>>解れます。>>>ほぐれます。>>>じワーッと。

拳法三昧で固まった脳をほぐすには最適です。

(やはり拳法から抜け出れない。旧(元)の木阿弥。)
技法の推理・解明に役立ちそうダナ!!。やっぱり拳法の縛りから抜けれないトミー拳でした。

明日は列車内に返却しておきます。これって犯罪行為?。

駅員に、「これ落ちてました」と云います。book

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

--------

トミー拳より (拳のつぶやき)

|
|

« (No.814)◆薬局が道場・・・ | トップページ | (No.816)◆しゅ・は・り、のサイクル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/52386380

この記事へのトラックバック一覧です: (No.815)◆推理小説は脳の柔軟体操?:

« (No.814)◆薬局が道場・・・ | トップページ | (No.816)◆しゅ・は・り、のサイクル »