« (765)◆根性棒アップします! | トップページ | (767)◆老化防止策の発見・・・老化の方程式が »

2011年5月18日 (水)

(766)◆明後日は四国だ・・・「少林寺拳法の歌」

今週の金曜日は列車で四国に向かう。少林寺拳法のメッカ?本山(四国・香川・多度津町)へ。

飛行機は一度も使ったことがない。(飛行機嫌いではありませんが)

今回も総武線~山陽新幹線~岡山駅から「瀬戸の花嫁」の歌が流れる瀬戸大橋をを渡りきると四国に入る。(「霊場四国」?)

拠点の多度津駅で降りずに手前の丸亀で途中下車・・・一人静に油を入れる。「東北の日本酒ありますか」と言ってみようかな?ちと照れるが。

油が半分くらい身体に染み渡る頃に唄いたくなる歌がある。

その歌に伴奏はいらない・・・それは教え満載の歌(詩)だから。

研修のフィナーレに拳士同志が肩を組み唄うとなぜか目がウルウルしてくるのです。

---------

それは「少林寺拳法の歌」

(一)
拳は他人(ひと)ためならず 我が身を磨くためやる
七度(ななたび)転んで起き上がる 教えがじんと胸にしむ

(二)
正を愛し義を守る ダーマの道は涯(はて)しない
血肉は分けぬが仲間なら 苦しいことは助け合う

(三)
義和門拳の道を行く 貴様とおれは同期生
やろうじゃないかよ男なら 一発どんとぶつかろう

(四)
度胸定めりゃ桜花 恐れるものは何もない
後手必勝の活人拳 正統伝えここに咲く

(五)
夢は一筋若人(わこうど)の 半(なか)ばは他人の幸福(しあわせ)を
半(なか)ばは我が身の幸福を  心に誓う少林寺

 キングレコード
作詞 加藤 省吾
作曲 小川 寛興
 唄 春日 八郎

--------

”宗 道臣 語録”
「何かあったら、地域ぐるみ、組織ぐるみでやれるようになろう。
自分だけが強くてもだめなのだ」

--------

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

トミー拳より (拳のつぶやき)

|
|

« (765)◆根性棒アップします! | トップページ | (767)◆老化防止策の発見・・・老化の方程式が »

コメント

zakiさんんへ

コメントありがとうございます。
一次研修会にいかれたんですね。
少林寺拳法の歌は本山だけではなく道場の忘年会でも良く唄いました。肩を組みながら。

今回のグチャグチャなシステムには・・・チョット噛み付いて参ります!coldsweats02

投稿: トミー拳よりzakiさんへ | 2011年5月18日 (水) 17:34

一休さんへ

コメントありがとうございます。
本山で探しま~す!。
立ち姿ですぐに発見できそうですネ。
きっと一休さんは財団の先生方との会話で急がしいでしょうね。・・・beerでも多忙かな?

投稿: トミー拳より一休さんへ | 2011年5月18日 (水) 17:25

入門当時の飲み会の締めはいつもこの歌でした。
今はほとんど歌うこともなくなってしまいましたが、肩を組んで一つに繋がっているというのが好きでした。

先週多度津で古参の先生と一緒になって話を伺いましたが「昔は道院長研修も3日間あって、いまよりも交流する時間がたっぷりあったり楽しかったんだ」と聞きました。

今はほとんどの方がビジネスホテルに泊まりますが、たまにはみんなで民宿に泊まって密度の濃い交流をするもいいですよね。

投稿: zaki | 2011年5月18日 (水) 12:33

私も今週末の2次です。
あちらでご一緒できると嬉しいです。

今回は実業団の先生方が大勢集まります。

投稿: 一休 | 2011年5月18日 (水) 12:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/51665488

この記事へのトラックバック一覧です: (766)◆明後日は四国だ・・・「少林寺拳法の歌」:

« (765)◆根性棒アップします! | トップページ | (767)◆老化防止策の発見・・・老化の方程式が »