« (719)◆師走の緊張感・・・反省 | トップページ | (721)◆「蟻が10匹」・・すみれ さん »

2010年12月 6日 (月)

(720)◆双葉山・・・「後の先」

「白鵬」力士の強さを探るTV番組を見た。(NHK12月4日)

伝説の力士「双葉山」立会いのシーンを何回も見て勉強する白鵬さん。

布団に寝転んでノートPCを2台枕元に並べて見ていた。

全身の筋肉を緩め脳細胞だけに集中できる環境での見取り稽古か・・・。それも良し。

・・・白鵬力士から意外な言葉を聞いた。

双葉山の立会いは「後の先」何んですネ・・・。もごもご。

白鵬と双葉山の立会いは良く似ていた。磐石な下半身と柔らかいゴムのような上半身で一瞬相手に遅れて組む。正に「後の先」。

相手が目一杯ぶつかってくる。一瞬遅れて四つに組む瞬間に自分の得意とする組み方に持っていくのである。何回も見たが同じ立会いだった。

「後の先」は相手の懐に入り込みやすい。・・・結果的に「先の先」に近い状況かな?。(ウーン、白鵬さん勉強になりました)

双葉山の69回の連続勝ち星の秘密はこの辺にあったようです。

あらためて「後の先」の奥の深さが自分の脳に泳ぎだした。

--------------

当団体での教えの「後の先」にまた広がりが出てきそうで楽しくなってきた。

それは少林寺拳法・金剛禅の技も教えもは殆どが「後の先」で習得する特異な技と教えである。

急ぐな、焦るな、奢るな、慢心するな。技は人を改造する”ソフト機械”ぜよ!

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

-------------

トミー拳より (拳のつぶやき) 千葉松尾道院 

|
|

« (719)◆師走の緊張感・・・反省 | トップページ | (721)◆「蟻が10匹」・・すみれ さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/50224845

この記事へのトラックバック一覧です: (720)◆双葉山・・・「後の先」:

« (719)◆師走の緊張感・・・反省 | トップページ | (721)◆「蟻が10匹」・・すみれ さん »