« (705)◆火消し処のメンテナンス | トップページ | (708)◆ウイルスが行き亘る »

2010年10月11日 (月)

(707)◆諸手髭剃り・・・腰が喜ぶ

甲野善紀氏の日記に・・・

・・・「台所で、食器棚の奥に、取り出し・収納の動作が武道の鍛錬(練習)に役立つ」との記事を見つけた。

ヒント発見!。


平素の動作に一工夫・一捻りで武的要素の発掘・進化も可能か?。

探してると・・・
(朝)洗面所で狭い棚の奥のプレシェーブロウションを取り出し顔に叩き。蓋をして収納。(狭い棚の奥に腕や手首や指先をひねりながら収納する。)探せばある、ある、ある。

やおら、両手で(少林寺拳法風表現では諸手)電気シェーバーを掴み顔を撫ぜながらソリソリと剃る。(題して「諸手髭剃り」)

片手動作と両手(諸手)動作の違いには凄い発見がありました。

以下の三つ、道徳的な所作だけではなく健康法だったような気がしてきた。

・人に物を渡すとき受け取るときは両手で・・・

・湯飲みも両手で・・・

・食事も両手を使う・・・

平素の所作に、両手・諸手の動きで・・・腰が喜ぶようですゾ

余談です:板前さんの心境で技をかけるのも一考か?。

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

--------

トミー拳より (拳のつぶやき) 金剛禅総本山少林寺  千葉松尾道院

|
|

« (705)◆火消し処のメンテナンス | トップページ | (708)◆ウイルスが行き亘る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/49698303

この記事へのトラックバック一覧です: (707)◆諸手髭剃り・・・腰が喜ぶ:

« (705)◆火消し処のメンテナンス | トップページ | (708)◆ウイルスが行き亘る »