« (698)◆メディアの自立 | トップページ | (700)◆フロッピーデスクまで改ざん »

2010年9月20日 (月)

(699)◆教えてください。

技の種類が多い少林寺拳法。

10年、20年では満足しない。それどころか、逆に20年目にして疑問が・・・。30年目にしても疑問が・・・。

先日の道場での質問にドキッ。「先生、横転より起き上がりの技は少林寺拳法教範に載っていますか?」

・・・?・・・?・・・?・・・?

恥ずかしながらお聞きいたします。

「横転より起き上がり」のコツ(骨)を教えてください。weep

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

ーーーーーー

トミー拳より (拳のつぶやき) 千葉松尾道院 http://www.shorinjikempo.or.jp/search2/detail.cgi?prefcode=1

|
|

« (698)◆メディアの自立 | トップページ | (700)◆フロッピーデスクまで改ざん »

コメント

まんじ丸さんへ
コメントありがとうございます。
返信が遅れてしましました。すみません。
「横転より起き上がり」参考になりました。

門下生曰く「本山に聞いて見たいですね?」
・・・聞いて見たら。と答えました。happy01

投稿: トミー拳よりまんじ丸さんへ | 2010年9月23日 (木) 07:47

横転より起き上がりの技ですか?
固められた後の起き上がりとしか言いようがないような・・・
強いて言うなら、何でもできると思いますが・・・

コツは、今の受身は変わりましたからねぇ。。。
以前は、手を着くなとか言われたもんですが、今は後受身のように縦に廻るみたいだから、後受身をシッカリとさせれば良いんじゃないですか?

昨年だか今年だか、審判講習会で「それは違うんじゃないか?変わったのか?」と尋ねたんですが、ハッキリとした答えが返ってきませんでした。


昔の起き方(私が学んだ方法)は、身体が側臥(真横を向いた状態)になった時に、上にある足を顔の方に振り上げる(床と水平に蹴り上げる)遠心力で、腰を支点にクルッと周りながら起き上がると学びました。
伏虎のような状態になる時に、手で一気に起き上がる(または、間合いを取る)ようにやってました。

その手の着き方が、最近は手に頼った着き方が多くて、上半身が先に起きてからが多いようで、おかしいと変わったのかと想像してます。

投稿: まんじ丸 | 2010年9月22日 (水) 13:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/49501949

この記事へのトラックバック一覧です: (699)◆教えてください。:

« (698)◆メディアの自立 | トップページ | (700)◆フロッピーデスクまで改ざん »