« (690)◆人生の子守唄 | トップページ | (692)◆武専も休む・・防災訓練 »

2010年9月 4日 (土)

(691)◆懐かしの太極拳が道場に・・・

異常気象の影響に置き換えては失礼ですが、またまた昨夜、道場訪問者が5名。(成人5名)

気温の高まりが体のどこかの”気合センサー?”を刺激するのかな?

▼二名は入門希望。二名は単なる見学。

ちょっと力が有り余っている様なお二人です。

どうだ、「人のためを考えて少林寺拳法をやれるか!」「日本をより良い国に変えたいと考えて少林寺拳法やるか!」・・・入門はその結論を得てから考えたい。

「???はい」。

「週3回やっています」・・・「どうぞ」。

---------

▼一名は、十数年前に訪ねてくれた事がある太極拳60年の経験者。(70歳代の男性)

数年前に仕事を離れ武道本を作成中とか・・・。

ぎっしり書かれたB4用紙50枚くらい。なんと「卍」を中国の文献を探り、彼独自の「卍」論を示す。

休憩時間はカセットテープの音楽に合わせて、独自の太極拳の組合せをご披露してくれた。

終盤、大きな紙袋からは紙コップと氷と自作の梅の健康飲料を振舞う気の入れようでした。感謝、感謝。

法話の材料にと、帰り際にこんな話をして頂いた。

・初心者の事を「新米」といいますが。それは違います。本当は「新、前掛け」からきていて、「しんまい」と云うんですよ。・・・なるほど。

このような勘違いは沢山あるのでしょう。

自力と「他力」。も解釈の勘違いが大きいようです。

そんなこんなで、定刻の列車に乗り遅れ○○駅で50分の待ち。

なぜかこの駅、今年は蚊が少ない。蚊も猛暑には弱いのかも知れません。

そんな中で週三回の稽古を欠かさず出来る身体に感謝、生かさせて貰っているダーマの働きにも感謝。

あっという間に千葉行きの最終列車が入ってきました

(小さな2缶が空になりました。)beer

列車内のクーラーが快適でした。

自宅着時間は12時過ぎでした。でも充実の一日なり。

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

------

トミー拳より (拳のつぶやき) 千葉松尾道院

|
|

« (690)◆人生の子守唄 | トップページ | (692)◆武専も休む・・防災訓練 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/49347443

この記事へのトラックバック一覧です: (691)◆懐かしの太極拳が道場に・・・:

« (690)◆人生の子守唄 | トップページ | (692)◆武専も休む・・防災訓練 »