« (686)◆”洗濯ばさみ練習”の命名は・・・ | トップページ | (688)◆鳩山本舗の接着剤 »

2010年8月22日 (日)

(687)◆褒め言葉の難しさ・・・

稽古帰りの改札で・・・・。週3回夜の10時45分千葉駅構内。

暑い日には改札口に水打ちをしてくれる駅員さんがいる。

気分的な涼しさに加え、2〜3度の温度低下が清涼感を肌で感じる。

8番線ホームから・・・階段を登り終えると改札口の床に水が見えるだけで「ホット」する。

・・・「水打ちはいいですね」。(「打ち水」でした、訂正。)

なんと、その駅員さんが「すみません」の言葉が返ってきた。(えっ)

靴やキャスターが濡れるので皮肉を言われたと思ったらしい。

早速、水の溜まりを箒ではきだした。

また云いました。「本当にいいんですよ」????

褒めることの難しさを痛感した午後10時45分でした。

アー・・・・

喧嘩の半分は誤解から・・・こんな諺を噛み締める勉強材料でした。

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

---------

トミー拳より (拳のつぶやき)  千葉松尾道院

|
|

« (686)◆”洗濯ばさみ練習”の命名は・・・ | トップページ | (688)◆鳩山本舗の接着剤 »

コメント

雫さんへ
コメントありがとうございます。
そうなんですよ・・・。決して皮肉っぽくは話していないのですが?。

お客さんには手を出せない駅員さんは可愛そうです。先日もお客(利用者)からの暴力から身を護るための護身術の練習風景をニュースで見ました。

投稿: トミー拳より雫さんへ | 2010年8月22日 (日) 21:20

うーん、誤解されてしまったのですね…。
トミー拳さんの表情で、本当にそうなのか皮肉なのか、判断できたでしょうけれどね…

言葉って難しいですね…。

投稿: 雫 | 2010年8月22日 (日) 10:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/49209984

この記事へのトラックバック一覧です: (687)◆褒め言葉の難しさ・・・:

« (686)◆”洗濯ばさみ練習”の命名は・・・ | トップページ | (688)◆鳩山本舗の接着剤 »