« (676)◆先に手を出さない・・・ | トップページ | (678)◆新入門の連鎖が・・・ »

2010年6月14日 (月)

(677)◆「面授面受」の防災会・・見取り稽古

昨日の日曜日の昼間、マンションの住民と防災会議をもった。

今期、平成22年度の「千葉○○○防災会」、防災担当班長、担当責任者、そして理事の面々の計21名との話し合い。

おそらく、28年前から保管され少しかび臭い防災旗を引っ張り出して会場に貼る。畳1.5倍弱のデカイ旗。

旗は気分を盛り上げ、皆さんの気持ちの方向が定まるように思える。

私の(少林寺拳法)道場にも真っ赤な金剛禅旗(私的な名称)が壁に貼り付けてある。

何々の旗の下(もと)に・・・。

------

住民の中で、防火管理者の一級建築士の○○先生の防災講義。

そして関連のDVD鑑賞。(機械の不具合で音声が出ない)

ひょうたんから駒・・・声がないと映像に集中できる。

少林寺拳法の技も声の(説明の)がない方が身につくときもある。

見取り稽古の重要性を再認識した防災会でした。

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

------

トミー拳より (拳のつぶやき) 千葉松尾道院

|
|

« (676)◆先に手を出さない・・・ | トップページ | (678)◆新入門の連鎖が・・・ »

Ⅲ.日記と「つぶやき」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/48612717

この記事へのトラックバック一覧です: (677)◆「面授面受」の防災会・・見取り稽古:

« (676)◆先に手を出さない・・・ | トップページ | (678)◆新入門の連鎖が・・・ »