« (644)◆パソコンがラジオ受信機に・・・ | トップページ | (646)◆「葬儀」と「両優界」 »

2010年4月11日 (日)

(645)◆体験者が審判員でした。

先日、電話で練習日の確認の電話があり予定どうりに道場を訪ねてくれた。

何と7名で・・・。(内訳は:小学1年生3名、お母さんも3名、祖父1名の7名)

見ているより体動かして体験しましょう!。

少し照れながらも保護者(母)含め6名で技の基本練習に加わってくれた。

感触は良好。・・・・また次回、来いよと送った。

--------

(さて次回)

お父さん2名を引き連れて?の参加でした。二人とも体格の良いお父さん達です。見上げながらの説明です。

(少年達)全体の輪の中での基本練習中に一人が泣き出した・・・。

みんなと同じように突き蹴りが出来ないのが悔しくて泣いたそうです。

やる気満々ゆえの涙でした。頑張れ・・・ョ

思わぬ言葉が聞こえた、「僕、サッカーやる」。。。。とつぶやく。

ぐぐっと少林寺拳法に引き込むには・・・こちらの力が試される。

体験者が審判員でした。

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

------

トミー拳より (拳のつぶやき) 千葉松尾道院

|
|

« (644)◆パソコンがラジオ受信機に・・・ | トップページ | (646)◆「葬儀」と「両優界」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/48048000

この記事へのトラックバック一覧です: (645)◆体験者が審判員でした。:

« (644)◆パソコンがラジオ受信機に・・・ | トップページ | (646)◆「葬儀」と「両優界」 »