« (626)◆泥んこ役員会 | トップページ | (628)″百貨店″は他山の石 »

2010年3月13日 (土)

(627)少年拳士の目が光る

昨夜は2支部からそれぞれの先生が偶然合流し・・・我が道院を訪ねてくれた。

二人のオーラが場内に広がり緊張感が出て指導率がUPの感。

動きと気合が少年部には新鮮に映っている。少し恥ずかしがっている子もいたようだが・・・。

目の輝きは違っていた。(私の話には飽きているのかな?)

少年部が去った8時30分からは大人の二部の練習時間です。

久々の五段科目を・・・「難しい」。

・・・さぁ! またネジを巻きなおして頑張ろう!

この刺激と緊張感は大人拳士・道院指導者にも感度がUPしたようです。

またの来院をお待ち致します。

ご苦労様でした。

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

ーーーー

トミー拳より (拳のつぶやき) 千葉松尾道院

|
|

« (626)◆泥んこ役員会 | トップページ | (628)″百貨店″は他山の石 »

コメント

hidekitiさんへ
コメントありがとうございます。
先日はありがとうございました。
駐車場のアクシデントは本当に本当にご迷惑をおかけしました。shock

練習では、ちょっと緊張が走りましたが先生のお話が出たところで安心感が広がりました。ありがとうございました。

投稿: トミー拳よりhidekitiさんへ | 2010年3月14日 (日) 08:40

お世話になり有難うございました。
私は優しい先生なので緊張感のUPには貢献出来なかったかも知れませんが、私自身は楽しく新鮮な雰囲気を体感させて頂きました。今後の支部運営の糧とさせて頂きます。
今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: hidekiti | 2010年3月13日 (土) 21:51

雫さんへ
コメントありがとうございます。
今回は他支部から二人も来られましたので少年部は緊張していたようです。
一人の先生は少し恐そうでしたので、尚更緊張したのでしょう。(先生すみません)

でも時々他支部の先生が来られたほうが良いようです。

投稿: トミー拳より雫さんへ | 2010年3月13日 (土) 20:20

普段見かけない人がいらっしゃると、子ども達は多少緊張し、いつもとは違うモードで修練ができますね。
(決して先生のお話に飽きたとかいうことではなく、自然現象です)

うちの少年部には必要です。
ちょっと緊張が足りません。
少年部だけではありません。
一般の部の中学生にも・・・

良い刺激と緊張感は時々必要ですね・・・。
いつもだとストレスになり、そのうちに慣れて緊張がなくなってしまいますから・・・。

投稿: 雫 | 2010年3月13日 (土) 12:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/47796324

この記事へのトラックバック一覧です: (627)少年拳士の目が光る:

« (626)◆泥んこ役員会 | トップページ | (628)″百貨店″は他山の石 »