« (618)◆「用心深い歌舞伎役者」・・・米紙の一面に | トップページ | (620)◆政治家の玩具・・・「ツイッター」 »

2010年3月 2日 (火)

(619)◆道場幹部育成月間

この3月から・・・

・・・単なる指導者から、少し厚みのある指導者を育てるために動き始める。

・・・厚みのある指導者とは「道院運営を任せられる人」。

・・・運営のノウハウ、背中で覚えろだけでは時間がかかりすぎる。

・・・言葉と書面と図面?で・・・伝える。

重要なこと
「気合は大きな声で・・・ノウハウは小さな声で伝えるほうが情報量は増幅される。」 ~呟きです~

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

ーーーーー

トミー拳より (拳のつぶやき) 千葉松尾道院

|
|

« (618)◆「用心深い歌舞伎役者」・・・米紙の一面に | トップページ | (620)◆政治家の玩具・・・「ツイッター」 »

コメント

一寸拳士さんへ
コメントありがとうございます。
当道院も23年目(22年目?)に入り後継の責任者も・・・。(これが大変です)

貴道院では一寸拳士さんを頼りにされているのではないでしょうか。少林寺拳法の宝。まだまだ少林寺拳法は発展します。scissors

投稿: トミー拳より一寸拳士さんへ | 2010年3月 3日 (水) 07:46

なるほど、囁かれた方が心に染み込んで来るかもしれません。状況や内容によって言葉にも強弱が必要ですね。

私も先生方からの要望に応えられるようになりたいものです。まだまだ未熟で頼りない私です。

投稿: 一寸拳士 | 2010年3月 2日 (火) 21:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/47685972

この記事へのトラックバック一覧です: (619)◆道場幹部育成月間:

« (618)◆「用心深い歌舞伎役者」・・・米紙の一面に | トップページ | (620)◆政治家の玩具・・・「ツイッター」 »