« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月の15件の投稿

2010年1月31日 (日)

(602)◆新春の集いと訃報

今日は楽しい「新春の集い」。

会費集めも、かれこれ10回目になる。技で云えば円熟味を増してきている?

・・・・これが、楽しくなってきたから不思議です。(仕事中毒とはこのパターンかも知れませんね)。

この人間の順応性が・・・動物界で頂点を極めた。納得。

出陣前、自宅で会費集めの準備をしていたら訃報連絡が入る。

1月中旬以降4件目です。coldsweats02

作業を一旦中断して連絡網の発信。弔電の準備。

弔電作成のやり取りで・・・「○○道院」を「道員」と勘違い。

NTTの弔電担当者が、「病院の院ですか?」。

私が、「そうです、少林寺拳法の道場・稽古場は病院のようなものです?」と呟く。

  □      □

さて、11時頃には会場に歩いて行こう。25分も歩けば着くでしょう。歩数計でもぶら下げて参戦しましょう。

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

^^^^^^^

トミー拳より (拳のつぶやき) 

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年1月29日 (金)

(601)◆審査と成長のタイミング

昇級審査の段階では、対象の級に見合った実力が無くても合格させて上げたいと思う事がたまにある。

それは、現在は年少でまだ身体も頭も(頭脳も)成長段階です。すべてにおいてバランスを欠く。

今ここで昇級させておけば、次の次の次、位には皆と肩を並べる事は99パーセント間違いない。(画一的でない審査)

(まだ見えてこないが)体の中には技の気持ちは注入されている・・・。体の頭には教えの何たるかは注入されている・・・。

個別にその人間の期が熟す時期を指導者は知っていなければならない。

高校・大学受験やセンター試験の様にコンピューターで点数をはじき、人をさばく試験は(審査は)簡単だ。

真の審査は・・・その人が世の中で10年後、20年後に使える技と教えをイメージできることが指導者の真髄。

期を見て人の心をうつ。相手の成長した反応を見る眼も養い続けなければ指導としては失格である。

門下生の昇級・昇段の審査の階段で・・・真に審査されるのは指導なのである・・・。人を育てる少林寺拳法のこの一面が好きで36年も継続している。

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

^^^^^^^^

トミー拳より (拳のつぶやき) 千葉松尾道院

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年1月28日 (木)

(600)◆風邪の効用

叱られそうな標題でスイマセン。

結論から・・・「風邪は万病のもと」。でもその裏技は・・・「風邪は最良のメンテナンス

^^

似たような話・・・「酒は百薬の長」。でもその裏技は・・・「酒は百害あって一利なし

^^

風邪症状で二日間半も寝てました。

前日の金曜日は気合十分の稽古(二段昇格者3名の特訓に檄!)。

声がかれ気味。

そのせいか、布団に入ったら鼻の奥がひりひり・・・痛い。

そして口からの専属呼吸のみ。鼻水が・・・枕を濡らす。(演歌の詩ではありません)

^^

土曜~日曜~月曜の夕方まで、腰が痛くなるほど眠ってしまった。

寝返りが出来ないほど痛い!。(いま思えば、ウイルスの悪戯か?)

・・・食事は一日1食半。

(回復)内臓も眼も身体も頭もすっかり、リフレッシュして、ピッヵ、ピヵ。

また1年は頑張れます。

使用前、使用後みたいな気分になれた風邪の効用でした。

皆さん手洗い、うがい、歯磨きは励行しましょう。

そして風邪の計画は年1回にしたいものです。

ーーーーーーー

トミー拳より (拳のつぶやき)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年1月23日 (土)

(599)◆教区研修と新春の集い

今年も教区と県連の「教区研修」と「新春の集い」が同ホテルで抱き合わせ開催。

1月31日(日)千葉中央区のパルコ斜め前の「三井ガーデンホテル千葉」。もう何年続いているのかな、10数年、20数年前か?・・・。 

初期の頃は2~30人で会社の忘年会風の宴会だった。(小さなカラオケ装置も用意されていた)。

こじんまりとした話が尽きなかった、そのころから現在も続いている。

130~140人の拳士が集まってくれる。

教区研修は午後12時30分~1時の1時間位。

30分後の14時から大宴会が約2時間。 

「ビンゴ」の景品が8~9割の参加者に渡るように沢山用意される。

これが宴会を盛り上げて、長続きしている秘密でもある様ですね。(なんとビンゴ代金、の総額は○○万円、二桁です) 

今年はオープニングから、しっとりとバックグランドミュージックが流れてピアノとSAKEと挨拶と会話の合体です。(飲酒運転は絶対に駄目です)wine

また今年も、ピアノ演奏を聞きながら・・・会費集めの任務です。japanesetea

追伸:○井会長も参加して下さるようです。酒の力を借りていろいろお聞きしたい話もあるのですが・・・・。

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

ーーーーーー

トミー拳より (拳のつぶやき)

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2010年1月21日 (木)

(598)◆歩み寄る特訓

大寒なのにぽかぽか陽気。昨夜は特訓3名。

少し怖い顔で2時間。(〜自分に頑張れと言い聞かせて〜)

じっくりと合体指導・・・・楽しかった。技を通して歩み寄れて。彼らも近づいてくる。

技のコツが仲介役です・・・・・・。

目の前に昇段の目標があり吸収は早い、真剣!。

中・高生の良い面を久々に見たような気がする。人を育てる技法は少林寺拳法の独壇場だ。

技の習得プロセスが”教育システム”。納得の2時間でした。

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

------

トミー拳より (拳のつぶやき) 千葉松尾道院

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010年1月20日 (水)

(597)◆昇段稽古・・逆転身

近々、二段の昇格審査を受ける中・高生が3人。

通常の稽古時間では満足のいく指導出来るほど層は厚くない。

受講の条件を出す。・・・「通常稽古の月・火・金は休まず参座する。それ以外に休日を入れ特別稽古を4回入れる。」

3人の返事が揃うまで時間はかかったが・・・。

・・・何とか11回の濃い稽古が可能なった。

昨夜の特訓で感じた事は、下半身の未熟さが技全体の物足りなさを表している。

「逆転身」・「反転身」の動きを自宅で毎日(朝・夕)30回行うよう指導した。

「転身」の「引き足」は完全な後ろ「鈎足」を守って行う事(重要)。おそらく下半身の”寒さ感”は無くなると思う。

これは、単なる筋力UPではないようである・・・。

・・・そして集中しろよ!。

(重要連絡coldsweats01
2日に模擬試験を行う予定です。学科・実技が70点以下なら6ヶ月延期する。

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

-------

トミー拳より (拳のつぶやき) 千葉松尾道院

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2010年1月16日 (土)

(596)◆「民主党」と「”金”主党」

小沢一郎 民主党幹事長の側近が逮捕された。

巷ではまだ逮捕は早いのではの声もあるが私はそうは思わない。

自殺者がでる前に・・・。

このての事件は自殺者が出て本人も苦しみ家族も苦しむ。そして事件の真相も、うやむやになるから。

今回の逮捕は検察の深い読みと”情”けもあった様に思う。

民主党の中の・・・「”金”主党」の側面をしっかり監視して行かなければならない。

・・・秘書の方々、「思い切ってぶちまけろ!」

・・・頑張れ、自殺するなよ。

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

ーーーーーー

トミー拳より (拳のつぶやき) 

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年1月14日 (木)

(595)◆KURU TOGA (くるとが)

チョット嬉しくなる文房具。・・・”くるとが”

 12日の練習日に、時々30分前に道場に来る子供がいる。「お年玉はいくら貰った?」と話しかけた。子供・・「○万円!」。僕・・「君、お年玉で何買った」子供・・「エー、くるとが」「クルトガ」「KURU TOGA」

 僕・・「??????」。解らない。

 子供・・「くるとがのシャーペン買いました」「書いていると芯がくるくる回って芯が尖る(とがる)んです」「くるくる回ってとがるから・・・”くるとが”」

 日々の食料買出しに付き合いスーパーでほぼ40分の待ち時間。暇が幸してその”くるとが”に遭遇。1本購入する425円。pencil

 精算してから、待ちきれず開封して本当に回るか確認した。うん、少し芯が回っていて文字が太くならない。いい物を開発してくれたものだ。

 (少林寺拳法の技も自分が回ると効きやすい!

 やっと今頃になって初体験、僕は遅れているのかな?

-------

 (余談です)電気メーカー(株)シャープは”シャープペンシル”で大きくなり社名まで”SHARP”・・・。

 さあ、今年はシャープに行きたい。

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

---------

トミー拳より (拳のつぶやき) 千葉松尾道院の文房具好き。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010年1月13日 (水)

(594)◆公式ホームページ/日替り語録

少林寺拳法の公式ホームページの表紙を飾る「宗道臣語録」。毎日、目で耳でなぞる。この言葉は耳からも入る。不思議です。

 そのページです。:http://www.shorinjikempo.or.jp/

 少林寺拳法の創始者 宗道臣先生の語録です。毎日更新される日替わり日記感覚の語録です。肩も凝らずにすらすらと入る。

 毎朝、何かに役立てようと読む。・・・・いや、初心にかえれるから読む。

 今日の語録。
~「・・・全部とは云わないけど~せめて半分は他人の事を~・・・仲間が増えていくよう、何とかして見ないか~」(抜粋)

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

---------

トミー拳より (拳のつぶやき) 千葉松尾道院

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年1月12日 (火)

(593)◆稽古初日(2010.01.08)

稽古初日なので中学校の武道場から道場に会場を変えた。(8日)

 出足良く、入門希望者が親子で訪ねてくれた。4~5年前に一度訪ねてくれた方である。何か感ずるところがあって入門の気持ちを固めてくれたんだなと思った。理由は聞かないほうがいいな~。稽古のなかで解るだろうから~。

 毎年、年初めは年頭の挨拶文と目標を書面と口頭で確認するのが毎年の慣わしだ。お汁粉がないので道場に向かう途中の駅で美味しそうなお饅頭がないか探す。

 有りました。栃木県の那須の御用邸のご用達のふっくらとした丸い饅頭。個包装の絵柄が又いい。菊のご紋が値段UPの感の「御用饅頭」。奮発して購入。期間限定の販売だそうです。(期間限定に悪いものは無し?これには弱いのです。地域限定商品にも弱い。)

 饅頭は稽古の終わりに皆さんに持ち帰って貰った。(一つですみません)

------- 

ところで今年の目標はシンプルな三つ。

 1.(技術面)=演武の習得と、護身・実践的な技術の確立。(組手主体

 2.(教えの面)=講話の時間を増やす。幹部拳士の講話も多くする。(拳禅一如

 3.(体制面)=役職の活動を活発にする。項目ごとに責任者を置く。(自己確立

 今年も一年間、拳士・保護者・指導者も満足のいく年にしたいものです。寅年に負けないように頑張ります。

 追伸:この日も訃報が一件、今日(8日)また一件。年を重ねる度に訃報連絡も増えています。

 昨年の喪中葉書がなんと16枚でした。200枚中16枚(・・・8割)shadow

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

-------

トミー拳より (拳のつぶやき) 千葉松尾道院

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年1月11日 (月)

(592)◆国の経済・俺の経済(じたきょうらく)

経済の事は良くわからない。

   ・・・身近な事なのに。

 日本の国が日本の国民にべらぼうな(国債)借金をしているそうだ。個人や会社なら自己破産か又は倒産する額です。

   ・・・解らない。

 広辞苑で経済を調べてみた。

   ・・・少し解った。

 【経済】とはー「国を治め人民を救うこと。経国済民」。短縮して”経済”?

   ・・・人民を救うことだったんですね経済は。

--------- 

2010年1月4日の朝刊に大学教授の浜 矩子(はまのりこ)さんの「2010年 どんな時代に デフレ経済と社会」の標題のコラムが目に留まる。

 ~1000円を切るジーンズ、99円のセーターまで登場、安いものしか売れなくなると、企業の利益が減り、失職につながり巡りめぐって自分の首を絞める。これ「失血景気」・・・。

 ~これからの10年間で克服しないといけない。2010年からのキーワードは「グローバル資本主義」から「グローバル市民主義」へ。

 まだまだ沢山書かれていますが、キーワードのみメモった。

(キーワードメモ)

・価格下落がデフレと云うのは誤訳。経済活動が縮み、価格が下がるのがデフレ。良いデフレなんてありえない。

・日本経済はグローバル競争に巻き込まれていく。私は(浜さん)「グローバルジャングル」と云っています。

・「量的緩和政策」という生命維持装置をつけながらジャングルに足を踏み入れた。

・「いざなぎ超え」、グローバルジャングルに自分の身体を合わせようと懸命。そうしないと生き残れないと思った。戦後日本のDNA・・・。

・追いつけ追い越せの成果主義。年功序列も終身雇用も古いと舵をきった。・・・いま考えれば過剰反応。

・派遣労働の対象拡大。・・・実感のない景気拡大。

・安売りが求められると、何とかして究極の低価格商品をつくってしまう生真面目な日本人。・・・恐怖の自分食い。

・高価な商品を買う人に「1割りを公的派遣村のために上乗せして頂けませんか」と云うのどうでしょうか。

・99円のセーターでもおつりの1円を募金箱に入れてください。(これならできる)

・鳩山由紀夫首相が納めた約6億円を充ててもいい。(税金逃れの・・・)

・20世紀の最後の10年で国民国家を基礎単位とした世界がグローバル資本主義によって壊れた。

・次はグローバル市民主義の時代です。人類が経験したことのない世界。

・10年続くデフレも、人間らしい活動をとりもどせるかどうか、見えざる神が我々に下した鉄槌なのかも知れません。

・カギとなるのは「一寸の虫にも五分の魂」の思想でしょう。その魂をどう光らせるか。経済活動とは人と人との営みです。

・(最後に)地域社会、地域共同体を構成している市民が主役になれるのか。「グローバル市民主義」への道筋を、どう具体化するのか。次の10年に、我々が問われているテーマです。

以上の標題は「共存共栄 探るべき時」です。

・・・自他共栄、自他共楽の思想を彷彿とさせる記事でした。

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

------

 トミー拳より (拳のつぶやき)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年1月 7日 (木)

(591)◆愛のヌンチャク

先日、買い物にでた。

 同じビルの二階の売り場が一変していた。 たしか前は携帯電話売り場だったが、その日は「999円ショップ」に変わっていた。

 驚きの100円ショップの熱も少し冷めて生活の中に入り込んだ感がある。以前は中国産が多かったが国産の大手企業も入り込んでいる。

 999円ショップを隈なく眺め一つが目に留まった。

 ・・・・・”夫婦喧嘩にどうですか?の名札が目に入った”・・・・・  「黒いヌンチャク」でした。

 ヌンチャク棒の周りがスポンジで包んである。愛妻、愛夫を怪我はさせない様に・・・でも適度な刺激になる代物です。当て方の具合では倒れる位の衝撃波は発生させらるようだ。その場で自分の頭に衝撃度を試した。いい感じでした。護身用にはピッタンコの「ヌンチャク」でした。

 二つも購入しました。一つはデカイキャリーバック忍ばせておこう!。

 100%の技でぶん廻しても青たんくらいで済むようだ、それでいて攻者の戦意喪失の度合いは高い!

 名付けて「愛のヌンチャク」。

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

^^^^^^^

トミー拳より (拳のつぶやき)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年1月 4日 (月)

(590)◆昨夜の「龍馬伝」(一回目)

昨夜(3日)NHKのドラマ「龍馬伝」を見た。初回スタートの映像表現に興味しんしんでした。

・・・なんと岩崎弥太郎のアップから入ったか。

・・・それも岩崎財閥(?間違い三菱財閥の)の成功シーンのUPから筋を進めた。(うーん演出が上手い)

・・・そして竜馬(龍馬)と弥太郎の対比から話しを盛り上げた。この二人は熱演でした。(うーん役者も上手い)

「きっと、これは完結までこのパターンだな?」

・・・龍馬の「柔」と岩崎弥太郎の「剛」・・・”柔剛一体。やはり”剛柔一体”のほうが語呂がいい。

「柔」で政治の根回し役の大仕事。龍馬さん。

「剛」で日本のカンパニーの夜明け、そして実践財閥。弥太郎さん。

ゼロから始まる時代は何事もドラマになる。

ところで、ソフトバンク(携帯電話会社)のシンボルマークは「海援隊旗」だったんですね?。

(さて本題)
これを見習って、世界を一つの国にするための”大根回し”の天才が何人も出てきて欲しい。そうしたら理想郷(”境”)も絵に描いた餅ではなくなる!。

オバマさんもその一人として動ける人と見た。残るはアジアに一人・・・欧州に一人・・・そして宗教を越えた宗教を創造出来る天才の出現が急がれる。

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

ーーーーーー

トミー拳より (拳のつぶやき) 千葉松尾道院

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年1月 3日 (日)

(589)◆今年も燃えます>>>

2010010p1100906 神の火に炙(あぶ)られて・・・

今年の(2010年)初詣の火です。

神社の境内に穴が掘られています。

昨年の弓矢や絵馬が赤々と燃えています。

火を見て、顔に熱気を感じ、今年1年を占いました。

お賽銭(さいせん)を数個投げ入れた。五円玉だけが賽銭箱の板に転がり走りだす。なんと箱に入らずに奥の畳に転がって消えた・・・。(ウッツ!--今年は波乱か?)

そこで、気分を変えて御神籤(おみくじ)箱に100円玉を入れ1枚を抜き出す。

今年も燃えます。燃え尽きて灰にならないように自己研鑽と指導にまい進します。>>>>>

-------

おみくじから。

~胸のむら雲、はらえばすぐに、神(ダーマ)の光がてりわたる~
(神をダーマに置きかえた)

~吹く風に 沖辺の波の高けれど 心静けき我が港かな~

-------

トミー拳より (拳のつぶやき) 千葉松尾道院

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年1月 1日 (金)

(588)◆年頭のつぶやき(2010年)

~2010年 年頭のご挨拶~

 明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。

 関東の元日は晴天にめぐまれ滑り出しはまずまずです。(北陸・北日本は大雪ですが・・・)。

 

 午後は隣町の神社へ。

 昨年の3倍弱の行列待ち。不景気の余波で身近な神社への初詣組が増えたのでしょうか? 

 

 年賀状の確認。

 今年は写真やイラストが増えて綺麗です。また年賀状の挨拶に連絡事項や報告文が増えました。ご無沙汰の期間が長くなった結果なのでしょうか?・・・

 「また、少林寺拳法に復帰しました」

 「今年、空手の大会に出るので練習にお邪魔してもいいですか???」

 「身体に気をつけて下さいネ」

 「まだ少林寺拳法続けていたんですかcoldsweats02

 「今年は二段にチャレンジします!!」(これは良い)

 「今年は○○大学を受験します」

 「仕事が忙しくても・・・2~3年の間には二段をとりたいです!」

 「今年は大学の友達を連れて道場に行きます」

 「先生、お世話になった二人が片付きました(結婚した)」

 なんだかんだで今年も嬉しい多忙の波が・・・

 今年も(拳のつぶやき)を宜しくお願い致します。合掌

 (少林寺拳法の公式見解ではありません)

ーーーーーー

トミー拳より (拳のつぶやき) 千葉松尾道院

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »