« (583)◆”足合掌”で「く字立ち」 | トップページ | (585)◆ほの暗い道場で締め »

2009年12月24日 (木)

(584)◆言葉はくすり、「困ったことは起こらない」

■今朝(24日)は早起きでした。

明日(25日)の納会のシュミレーションと・・・諸々の細かな作業。

数日前から納会用のお菓子が福袋の様な存在感を発し・・・すでに道場の隅に積んである。(幹部拳士の奥さん、袋詰めありがとうございました)

そうだ!、今年は一人ひとりの名前をワープロで作りお菓子の袋に貼ってやろう。男子は黒、女子はピンク、休部になった拳士は茶色・・・おのおの、名前をつけよう。

昨年は確か、マジックで殴り書き・・・今年は気合いが入った書体の名前でグレードUP。 子供ら喜ぶかな?。(見栄えも大切ですね)

^^^^^

(さて本題)

早起きしたお陰で遭遇できたラジオからの言葉・・・。

(呪文です)・・・副作用ゼロのくすり(薬)です。
「困ったことは起こらない」 「困ったことは起こらない」

「困ったことは起こらない」「困ったことは起こらない」

「困ったことは起こらない」・・・

・・・この言霊力(ことだまりょく)の効用で1日安泰です。(ただし効果の程は1日です。毎朝唱えましょう。鎮魂行の道訓のように。)

^^^^^

(以下、侮れないデーターです。)

お医者さんが砂糖水を処方して、「このくすりは凄く効きますよ」と云って渡すとかなりの人に効くそうです。患者さんの脳のある部分に効くようです。

また、「このくすりは凄く高いくすりですから良く効きますよ」・・・と同じくすりでも効き方が倍加するようです。

結論:言葉も薬です。

(追記です。)
少林寺拳法の公式ホームページに載っている日替わりの宗道臣語録(少林寺拳法の創始者)。これも良薬なり。

「昔に返ることが発展じゃない。復古では無意味だと思う。時代にマッチした中で、人間がどう生きるべきかを究明すべきではなかろうか。」

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

ーーーーー

トミー拳より (拳のつぶやき) 千葉松尾道院

|
|

« (583)◆”足合掌”で「く字立ち」 | トップページ | (585)◆ほの暗い道場で締め »

Ⅲ.日記と「つぶやき」」カテゴリの記事

コメント

一休さんへ
コメントありがとうございます。
本当に言葉の力は大きいですね。

納会のお菓子は子供達は楽しみにしています。
今年は道場で食せず持ち帰りにしたいとおもっています。
・・・子供達食べる方に集中してしまいすぎるのです。

道場の子供達は全員、私の孫だと思っています。・・・大人も。happy01

良いお年を・・・。(まだ少し早いですね。)

投稿: トミー拳より一休さんへ | 2009年12月24日 (木) 08:43

>この言霊力(ことだまりょく)の効用で1日安泰です。

私も言霊力を信じて日々を乗り切りたいと思います。

納会でお菓子の袋をもらって喜ぶ少年少女拳士たちの顔が目に浮かびます。

投稿: 一休 | 2009年12月24日 (木) 08:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/47099657

この記事へのトラックバック一覧です: (584)◆言葉はくすり、「困ったことは起こらない」:

« (583)◆”足合掌”で「く字立ち」 | トップページ | (585)◆ほの暗い道場で締め »