« (546)◆台風一過の練習日 | トップページ | (548)◆ノーベル賞・・「先の先」 »

2009年10月12日 (月)

(547)◆”ぼちぼち”と「両優界」

昨日11日(日曜日)、13時開始の「両優界」。三連休の中なので参座は少ないだろう?。

やはりスタートは二人だけ。

・・・なら二人で極秘の技?でもと内心あれをやろうかDVDを見ようか?考えていたら、ぼちぼち集合。結局はいつもの様な「両優界」になった。

今回のトピックスは入門2ヶ月の親子拳士が(大人と学生)地区大会にトライしてくれて演武の仕上げに余念がない。初々しい動きにこちらも触発されて道場が妙な良好活気に包まれました。happy01

2時間後の二部の1時間は自主稽古で楽しんだ。最近ボクシングのタイトル戦が多くありこんな会話が行われた。「速いボクシングのあのパンチを良く避けるね」、「先天性の運動神経??」、「生まれつき恵まれた動体視力のなせる技??」・・・・。早速試してみることにした。

幸、フルコンやキックボクシングの経験者も居たのでやわやわと楽しんだ。

・・・「毎回こんな練習が出来たらイイね」と「両優界」をお開きにした。

さあ、来月の「両優界」も決めようという事になり、11月22日(日)13~16時に決定。

明日は特練(徳練?)16日の発表会の仕上げだ。今年の1回目に発表会よりは技術が締まってきた。

やはり目の前に目標があると少年部は頑張ってくれる。(練習を・・・)

馬の目の前の”人参”を思い出してる。(失礼)

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

-------

トミー拳より  (拳のつぶやき)

|
|

« (546)◆台風一過の練習日 | トップページ | (548)◆ノーベル賞・・「先の先」 »

Ⅷ.少林寺拳法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/46464579

この記事へのトラックバック一覧です: (547)◆”ぼちぼち”と「両優界」:

« (546)◆台風一過の練習日 | トップページ | (548)◆ノーベル賞・・「先の先」 »