« (540)◆日本は金持ちか、それとも貧乏か? | トップページ | (542)◆自前、案内板作成 »

2009年10月 2日 (金)

(541)◆三者三様のジャッジ

9月30日、ボクシングの試合。

(チャンピョン)名城信男×(挑戦者、同級1位)ウーゴ・カサレス。

名城信男は二度目の防衛戦。今回は指名試合の同級1位の挑戦者のメキシコ。

12ラウンドを目一杯戦った、良い試合だった。

試合が終わり、三人のジャッジの判定結果が意外な結果だった。

観客の日本人は大方が名城有利。ドローのジャッジでもブーイングは出ないと見たが・・・。僕はひいき目で2点差位で名城が有利と判定した。

(ジャッジの三人)
一人目、<名城 112> <カサレス 116>・・・カサレス。

二人目、<名城 114> <カサレス 114>・・・ドロー。

三人目、<名城 116> <カサレス 112>・・・名城。

三者が違う判定。一人目と三人目のジャッジの4点が正反対の結果。一人はドロー。三者三様の判定で幕が下りた感の名勝負で名城防衛でした。

^^^^^^
プロの採点でこの結果ですから、少林寺拳法の審判の採点に開きがあっても当然ですね。まして背中を見ながらの技の採点は難しい!。

(少林寺拳法の公式見解ではありません)

ーーーーー

トミー拳より (拳のつぶやき)

|
|

« (540)◆日本は金持ちか、それとも貧乏か? | トップページ | (542)◆自前、案内板作成 »

Ⅷ.少林寺拳法」カテゴリの記事

コメント

雫さんへ
コメントありがとうございます。
審判は難しいです。何回経験しても緊張します。
審判員の目の付け所が少しずれるとたちまち10点くらいの差が開くようです。最近は思い切った採点が出来にくい環境のようです。特に地区大会では同点が増えてるようですね?。

今回のタイトル戦も12ラウンド全てが(10点、9点、同点)の積みかせねの結果がドローでした。思い切った採点が出来にくいのでしょうね?。

投稿: トミー拳より雫さんへ | 2009年10月 3日 (土) 09:55

ボクシングのことはよくわかりませんが、そのような判定も出るのですね。
ジャッジの難しさ、ということなのでしょうか。

私は審判の経験は少ししかないのですが、本当に難しく、胃が痛くなりそうですね・・・。
他の人と同じくらいの点数がつけられた時、ほっと胸をなでおろします。

投稿: 雫 | 2009年10月 2日 (金) 10:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212691/46351233

この記事へのトラックバック一覧です: (541)◆三者三様のジャッジ:

« (540)◆日本は金持ちか、それとも貧乏か? | トップページ | (542)◆自前、案内板作成 »